rss twitter fb hatena gplus

*

#135.黒薔薇の館

黒薔薇の館今年もやって来ました!美輪さんの時間が。
おっと違った。
シネマヴェーラ(@渋谷)での、特集上映、“妄執、異形の人々2”が。( → 公式HPはコチラ
去年のこのシリーズの時に、とっても気に入ってしまったのが何作品もあったので、今年も顔を出したいな〜と思う私なのです。




中でも、これは私的に楽しみでした。なぜなら、去年このシリーズで見た『黒蜥蜴』(美輪さん版)があまりに素敵だったから。(タイトルクリックで、my感想へ飛びます。私の感想・・・ハッキリ言って、テンション高いです。あまりにも興奮しすぎてます。)


黒蜥蜴』は、’68年の作品で、深作欣二監督作品ですが、この『黒薔薇の館』は、それに続く’69年の同監督作品なのです。あまりに耽美、ヨダレの出る逸品。もう、美輪さんが本当に美しくって、油の乗った時代。なんて、なんて素敵なの、・・・美輪さん


私の尊敬するリリー・フランキーが、『黒蜥蜴』を評して、「どんなに犯罪そのものが稚拙でも、あるいは脚本がヨレていても、演出が死んでいても、美輪さんがキまくりまくっているからそれでいい」なんて言ってるんですけど。
私は、「ちがぁぁ〜〜〜う!!」と言いたい。
脚本は、十分素晴らしかったんです!(と言い切る)
元々の犯罪がこんなにしょうもないのにも関わらず、これだけの素敵台詞を散りばめて、キラキラ輝く美輪さんを目の前にして、こんなに素晴らしい映画は、そうない、と私は言いたい。(脚本は三島由紀夫です)


ていうか、こっちの作品こそ、美輪さんを愛で、崇拝し、そして
彼が元々生まれてきた性に対し、全世界のヘテロの男性諸君が、悲嘆にくれる作品。
・・・と、言えるんじゃないでしょうか。うん。


よく、古い映画ファンが、「グレタ・ガルボや、イングリット・バーグマンの頃なんかの、銀幕のスターの頃と違って、現代の映画スターには、“銀幕のスター”と呼べるほどの、美貌やスター性を誇る女優や俳優がいない」、なんて時々聞くセリフだったりしますよね。
これは海の向こうのスタアの話ですが。日本には、その少し後くらいに、「美輪さんが居る!」と、私は力強く言い放ちたい。言わせていただきたい


だって、それっくらい、素敵なんです、美輪さんが。
ああ、美しい・・・油の乗り切った美輪さん。
眩しくて、眩しくて、もう、全編これ、力技です。画面いっぱいに美輪さんの魅力がはみ出しちゃってました。
「映画館で見れて、本当に良かった!!」と思いました。また映画館で美輪さん(の若い頃)に逢いたいナ・・・


ヴェーラ 黒薔薇ストーリー・・・
どこからか現れ、その美貌から権力者の愛人となり「黒薔薇の館」の主に収まった謎の美女、竜子(丸山明弘)。その素性は誰も知らない。しかし、館には彼女を知っているという客が毎夜やってくる。しかし、彼女はそんな人たちは知らないとつっぱねる。
彼女を愛してしまった男たちの辿る、数奇な運命やいかに・・・


で、この映画には、もう一つ、お楽しみが隠れてたんです。この映画の途中から出てくる、田村正和!これがまた、とっても若い!こっちも、本当に素敵です・・・
これまた、彼の若い頃には、『おんな極悪帖』で初めて出会ったのでした。
おんな極悪帖』の方は’70年の作品だから、やっぱり、そう変わらない、若い頃の田村正和なんですが。
いや〜、なんて若いんだろう!子犬みたいだ。


いかにも、年上の成熟した女に、生まれて初めて本気の恋を教わる、
何も知らない金持ちのボンボンを、あまりに魅力的に演じている!
田村マサカズ、マサカの若い頃。


本当に美形なんですね、この人。ううー、こっちも本当に美しいイィィィィィ。


それ以外には、西村晃も出て来て濃ゆい。ドロドロ恋愛を力説して「ウゲっ」と来ます。
美輪さんは、無駄に弓矢を持ってバンバン叩いて、トチ狂う。

でね。ちょうどそのシーンで、私の右隣に座ってた女の人が「ブハーっ!!」と笑ってました。
それ以外にも、何かと面白い変テコシーンで、ちょくちょく笑ってました。それを見て左隣の人は、チッと振り向いて怒っていました。いや、確かに可笑しいけど、そして、確かに彼女たち五月蝿いけど、君達どっちも気になるんだよ〜!


ま、そんな感じで、本当に、面白いです。これまた、オススメ。
いやー、やはり、昔の日本映画って、素敵ですね。
他にも、たくさん見たいな。更新死ぬけど。

黒薔薇の館@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

2,060

コメント(4件)

  1. うぁああ/// しゅてきvvv
    スクリーンで美女全盛期の頃の美輪様たぁ、
    こいつぁ刺激が強すぎるゼ、とらねこの旦那!
    しっかも、田村正和の若い頃!
    こっちも美貌全開の頃じゃあないですかい!
    こりゃあ、タマランチン!タマランチ会長ですよ!
    白鬚、美輪様は言うに及ばず、田村正和の若い頃の和装を拝んで、
    グハッ=vってなったんで、これも見てますが、
    確かに今は作品にしろ俳優にしろ、過剰なモノが存在しないよね。
    みんなそこそこ、果ては自然体とか、雰囲気美人とか、
    それしょぼいって事じゃんって思うんだよねー。
    銀幕って言葉が似合う、品のある美形がみあたらないでしゅ。
    つか、コレ笑っちゃうのはしょうがなくね?
    誰かとツルんでてしゃべりだしたらビンタだけど。

  2. うわぁー!
    すっごい見たい!見たい!!
    当時の動く美輪さんって見たことなくって…
    (写真でしか見たことがない)
    最近の舞台でも、私は彼のパワーに圧倒されましたもの。
    若かりし頃は一体どんなだったのか。
    とらねこさん、いつもいい情報ありがとうございます(^^)

  3. 白鬚タン
    こんにちば〜っ♪お久っ!お久☆
    そうだよね〜!やっぱ白鬚タンも、過剰なまでのこのゴージャスぶりに震えるぞハートなお方?
    “自然派”だの“Girl-nextdoor”だの“アイドル天国日本”なんつーのは本当、沸点低いよね!イージー萌えするから、スグ萎えするんであって。
    白鬚タンもマサカズのかつての美青年ぶりを、ご存じだったとはお目が高い!しかも和服の方が似合うんですよね。けどマサカズは時代劇はやらないんですよね?年配の方々にモテる気がないのでは?
    で、やっぱ笑っちゃうのは仕方がないかも(笑)
    ギャハハギャハハヒーヒーと、大爆笑してたけど。

  4. sum_vaさんへ
    こんにちは〜♪sum_vaさんも本当、意外なところに反応してくれるんですよね!ここにまさか反応してくれるとは思いませんでしたよ♪
    美輪さん、写真だけでも本当ビックリの美しさですよね!動く美輪さん、素敵ですよ本当。演技がどうこう、言う気も起こりません(笑)
    そこに存在している、それが素晴らしいんです!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑