rss twitter fb hatena gplus

*

#93.キサラギ

キサラギ文句なく面白い!最近で一番面白かった邦画は?と聞くと、これ!と自信を持って答える私が居ることでしょう!
ワンシチュエーション、舞台劇のようなソリッドな空間の、絶妙なコメディ。
こういう邦画を待ってた!!という感じでした。



ストーリー・・・
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち・・・家元(小栗旬)、オダユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅ードランクドラゴン)、イチゴ娘(香川照之)。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった・・・。

監督・佐藤祐一。
原作&脚本、古沢良太(『ALWAYS三丁目の夕日』)

 

全編通して、物語が、一幕劇のような、密室で全て展開される。
死んだアイドルの如月ミキの1周忌追悼イベントに集まった、ファンサイトで知り合った男達、5人の会話で展開していく。

この絶妙な会話の面白さ。これがこの映画が持つ一番の魅力だった。
この脚本の持ち味!こういう映画って大好きだ。

今ここにいない死んだアイドルの、死の真相を探る・・・。
それぞれが知っていた、如月ミキのいろいろな情報を持ち寄って、全体像が浮かび上がるところも面白い。
まるで、不在裁判だ。

この映画のテイストは、三谷幸喜の『12人の優しい日本人』を思い出すだろうと思う。それから、この幸喜ドラマの元々のアイディアになった、アメリカの映画『12人の怒れる男』をも、知っている人は思い出すに違いない。(もともとは舞台劇。)

この日本・アメリカそれぞれの『12人〜』に共通するのは、不在裁判で、
1.ここにはいない誰かについて、
2.今ここで出会った他人同士が、想像性をめぐらせ、その状況について推理をする、
ワンシチュエーションもの。・・・

極めて限られたシチュエーションのものだ、と分かってもらえるかと思う。
私が、一番好きなのは、こうした、脚本の良さ一つで出来上がっているような、ワンシチュエーションの舞台劇タッチのような物語だったりする。それというのも、この『12人の怒れる男』を知ってからで。
そして、先ほども述べた、このアメリカの歴史に残る、素晴らしい脚本は、三谷幸喜がそれにならって『12人の優しい日本人』を作る、アイディアになったものだ。

英文科出身で演劇専攻の私にとって、『12人の怒れる男(Twelve Angry Men)』は、本当に好きな脚本劇だし、三谷作品の方は、それを、随所随所に含まれる笑いで包んでいて。・・・
そこがまた、三谷作品らしくて、とても好きだったりする。

この『キサラギ』は、三谷作品のその面白さを踏襲して、この映画ならではのオリジナリティを持った(そしてアメリカの『12人の怒れる〜』から抜け出した)、極めて素晴らしい脚本だ。
上記に挙げた、そうしたソリッドなシチュエーションでもって、脚本を作るというのは、いかに難しいことか、分かるだろうか。

全く知らない見ず知らずの他人同士、という設定に、ネットで出会ったファンサイトの住人たち、というのも極めて現代的だ。
オフ会をしたことのある人には、初めの出会いのシーンの、ハンドルネームのやり取りの辺りなんて、面白く見入るだろうと思う。

こうした劇の構造だけでなく、笑い、という観点から見ても、文句なく面白く、そこが第一の魅力。
声を上げて笑っている人がとても多かった。

こうした掛け合い、呼吸一つ一つが大事になってくる、難しい演技なのだけれど、この5人のコラボが絶妙な変さ加減で全体のバランスを保っている。
ドランクドラゴンの塚地が入って、その場の笑いをかっさらっていくのも楽しいし、小栗旬が全体をまとめるの様も極めて好印象だ。

物語が進んでいくに従って、それぞれの背景が少しづつ小出しに分かり、そこに居る男達のお互いの関係性が、交差したり、ぶつかり合ったりする。
そして、全員の持ち寄る情報が一つの形になった時、大団円を描くその様子は、見事!!アッパレな脚本だ。

キサラギ@映画生活
「キサラギ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

3,556

コメント(106件)

  1. 『キサラギ』’07・日

    あらすじ売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったが「彼女は殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始め・・・。感想5人の怒れる日本人…

  2. 『キサラギ』’07・日

    あらすじ売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったが「彼女は殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始め・・・。感想5人の怒れる日本人…

  3. キサラギ

    自殺したアイドル如月ミキの死の謎を描いた作品。監督は佐藤祐市、脚本は古沢良太、キャストは 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之ほか。
    <あらすじ>
    知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち…

  4. キサラギ

    自殺したアイドル、如月ミキの一周忌 男、5人、この部屋で事件は起こる──

  5. キサラギ

    自殺したアイドル、如月ミキの一周忌 男、5人、この部屋で事件は起こる──

  6. キサラギ

    誰に 誰のための 存在す
     自殺したアイドルの一周忌にネットで知り合った男5人が集まり、自殺の真相を突き止めていく、という話なんだけど、集まった人物が、単にネット仲間でない!?
     その真相が解き明かされながらも、要所要所に散りばめられた驚愕と笑いは、…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑