rss twitter fb hatena gplus

*

#84.プレステージ

プレステージ随分前に知ってから、ずっと楽しみにしていた、この作品。他にもたくさん、注目作品はあれど、この作品ほど楽しみだったものは、自分にとってはなかなかないくらい!
あんまり考えてしまうと、楽しみで居ても立ってもいられなくなってしまうから、出来るだけ普段から忘れるようにしていたくらいです(笑)



何せ、『メメント』が大好きだったのね。・・・この作品には、取り憑かれた。obssesedという単語を使ってもいいかな。

見終わった後、一緒に見た人と、2時間余裕で超すくらい、飲みながらこの映画について色々と話し合った。
「映画の上映時間と同じくらい、その映画について語れる、そんな映画は、傑作だ」なんて言うじゃない?

これがまさに、自分と相棒にとっては、そうだったのね。一緒に見た人が、私と同じくらい、この映画にハマってくれた人で、本当に嬉しかった。
アッと言う間に、眼の前の酒は減り、時間が過ぎていった、・・・そんな、楽しい思い出。

映画自体は、暗くて、重い映画だったかもしれない。
だけど、その重さを、一緒に分け合えて楽しかったな。

ところが、さらに私は、3日間、この映画『メメント』について取り憑かれたように考えていた。
3日目の夜、シャワーを浴びながら、頭の中で、この映画の細部を反芻し、巻き戻ししながら、時間軸に沿って、映画をもう一度自分の中で再構築する、なんてことをしていて・・・

そこで驚いた!!!!
いきなり、この映画のラスト部分の“あのこと”について、そのドッシリとした重い意味を、急に“覚醒”したの。何となく分かっていたつもりだったのだけれど、その重い意味、主人公の苦しみ、そうしたことを追体験したような気になったのね。

・・・なんて言ったら大ゲサのように思えるんだけど、シャワーを浴びながら、「うわあああああwwwwww」って感じだった。もう、本当、ビックリしちゃった。

それまでも、結構、映画を見てきたつもりで、『ユージュアル・サスペクツ』なんかのような、ちょっと変わった設定モノの映画が大好きな私だったから、こういう映画はまさに「自分の好み〜」という感じではあったんだ。
だけど、こんな風に、3日も経ってから思い出して更にそこで感動するなんて、私のそれまでの映画好きの経歴からしても、かつてないことだった。

うーん、この感動については、うまく伝えられているかしら?
もしかしたら、その時の感動が伝えたくて、こうして今、ブログをやっているのかもしれない・・・
なんて思ったりもする。

で、その後、『フォロイング』もフォロイングして(追いかけて)、更にのめり込み!
続く『インソムニア』では、大好きなアル・パチーノが出るってことで気合が入りすぎていたためか、この作品の完成度には、あまりにガッカリして、怒り出しそうになった。
でも、『メメント』『フォロウィング』の良さは、クリストファー・ノーランが脚本を書いていたからじゃないか。
なんて思って、気を取り直した私だったのでした。
(弟のジョナサン・ノーランと共同脚本。)

監督としての手腕、と言うよりも、脚本が素晴らしいのがこれらの作品なのかも。
(なんたって、『バットマン・ビギンズ』の素晴らしいこと!期待全くしてなかったのに、最高だった〜。アメコミの中で、私のナンバー1ですね♪・・・で、ここでも、クリストファー・ノーランが脚本を書いている。)

えと、前振りが長くなり過ぎました。
なので、この話に関しては、サックリと。
なんたって、ネタバレしちゃ、絶対いけない作品だからね。

映画の冒頭に。この監督からの、そうした注意書きが書かれるような、
そんな、『シックス・センス』の時のM.ナイト・シャマランみたいな事を言うのも、伊達じゃない。
だって、この映画は、(そして『シックス・センス』も)、オチが全ての映画じゃないから。
「騙されるな。この映画こそが、トリックなんだ」と語った、クリストファー・ノーランだけど、そう言いたくなるのは、オチだけで判断する人がいるからかな。

この映画全体にこうしたトリックが散りばめられていて、伏線が貼ってある。
『メメント』みたいに、一度見ただけでは、きっとその真価が分からない映画、・・・のように思ったりする。

これは、obsessionについての映画だ。
人が何かに取り憑かれ、妄想を抱いて生きていくのは、ハッピーな人生ではないかもしれないけれど・・・
生き甲斐、というものすら超えて、そのために生きているかのようなこの感覚。

それは、幸せも不幸せも超えたところ、究極に位置していて、それこそ、普通に生きる私達には手の届かない何かで・・・

だからこそ、私はこの映画に取り憑かれて(obsessed)しまう。

妄想についての、デビッド・ボウイ(ニコラ・テスラ役)の、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)に向けてのセリフ、そこでハッキリとobsessionについて語っている。
そういえば、『メメント』もテーマが同じだったな、なんて考えたりした。

プレステージ@映画生活
「プレステージ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

9,987

コメント(101件)

  1. 『プレステージ』を観たぞ〜!

    『プレステージ』を観ました世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「メメント」「バットマンビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が映画化したミステリアス・ファンタジー・サスペンスです>>『プレステージ』関連原題: …




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑