rss twitter fb hatena gplus

*

※9.『こうばしい日々』

こうばしい日々作者 / 江国香織

この人の、優しい言葉が好き。
私は、江國香織さんを読むと、もっと優しい言葉を使える大人になろう、って思ったりする。
児童文学から書き始めて、その後大人用の本を書き始めるようになった、その後もずっと、優しい言葉を選び続けている、江国さん。
この辺り、何気ないようでいて、スタンスと強いこだわりを実は感じる私だ。



短編集が二つ収録されていて、『こうばしい日々』と、『綿菓子』。
一つ目の『こうばしい日々』は、アメリカに住む少年の話。
二つ目の『綿菓子』は、小学6年生から、中学1年生になった少女の話だ。

子供目線というのがとっても好き。まっすぐで、曲がってなくて、分からないこと、分かりたくないこと、素直に感じたままをみずみずしく捉える感覚。
みのりは、思う。
「矛盾のない恋に生きようと思った」。

そう言えば、こんな風に私も思っていたっけな〜と思う。みのりの気持ちは分かるのに、でも、もう少し灰色の、大人の気持ちも、実はちゃんと純粋だったり、辛い経験をいろいろしたり・・・。
そうした結果、こんな風に思うようになったんだ、ってことが、今の私は知ってたりもする。だから、そんな大人の気持ちも痛い。
この人の目線は、本当に優しい・・・(泣)

ここに収録された二つの物語は、どちらも、テーマがある種似通ってて、彼らのそれぞれのお姉ちゃん、目上の人の恋愛を通して、主人公たちがいろいろなことを感じたり。
そして、自分たちの、子供ならではの、かわいらしい精一杯の恋愛話を通して、彼らがほんの少〜し成長すること。
そんなことが描かれている。
要するに、人生そのもののスケッチ。

「繊細さってものは、ボクにはまるで分かりません」
・・・という人でさえなければ、江国さんの優しい言葉が、心地よい痛々しさでもって、心にきゅんきゅん響くと思うのだけど。
切なくて、優しい文章。
私も、人を傷つける言葉は、もう選びたくないな。

 

2007/05/29 |

関連記事

『職業としての小説家』 村上春樹の語られなかった講演集

村上春樹の、小説家としての自分、そして彼の人生全てについての自伝的エッ...
記事を読む

『ゴーン・ガール』(上・下)by ギリアン・フリン を読んだ

うん、なかなか濃い読書体験で満足。 ほぼ映画『ゴーン・ガール』と同じ内...
記事を読む

『封印されたアダルトビデオ』 by 井川楊枝 を読んだ

この激ヤバな内容…。これは凄い。AV業界の裏事情を書いたものとして、突...
記事を読む

『愛を語るときに我々の語ること』 by レイモンド・カーヴァー を読んだ

久しぶりに文学に触れた気がして、嬉しくなった反面、少し緊張したりもした...
記事を読む

『潜水服は蝶の夢を見る』 by ジャン・ドミニク・ボービー を読んだ

忘れられない映画なんだ。 ゼロ年代のベストにも入れた、大好きな作品(同...
記事を読む

1,061

コメント(5件)

  1. とらねこさん、こんにちは☆
    記事を見て読みたくなって読んでから再度のお邪魔です。
    初めて読んだのは十代後半くらいだったんですけど、何回読んでも色褪せないし何度でもきゅんきゅんしちゃいます
    子供目線の恋愛なんですけど、切なくなっちゃうんですよね。
    ダイ目線の「僕は、あやまるかわりに〜」てとこは、なんか嬉しくもなっちゃいます☆
    「優しい言葉」ってその通りなんですよね。痛みも伝わってくるんですけど、でも傷つけられるわけではなく。子供の頃の心細い不安な気持ちを思い出したりもするんですよ。
    なんか訳分からなく長くなってしまってごめんなさい

  2. ヨゥ。さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございます。
    ヘヘヘ・・・ちょっと、バレバレでした?
    実は、ヨゥ。さんがお尻の痛い思いをしながら、連日ギドクを観ていたのに感激してしまいまして。
    お礼っていうか変ですけど、私もヨゥ。さんのフェイバリッツでお返しがしたかったのでした〜♪
    しかし、たくさんあるんですね、江國さんの本て。
    そうなんですよね、痛いんですけど、「普段感じてすらいないようなところが痛い」というか、敏感なところを優しく突き刺すような、そんなピンポイントな痛みなんですよね。
    でも、決して嫌いじゃないんですよね。だけど切なさでいっぱいになりますよね・・・

  3. こうばしい日々 江國香織

    ウィルミントンの町に秋がきて、僕は11歳になった。映画も野球も好きだけど、一番気になるのはガールフレンドのジルのことなんだ…。アメヮ..

  4. こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。

  5. 藍色さんへ
    TBありがとうございました。
    自分にとってはこれ、とても古い記事で。
    読み返すのが怖いですね
    TBは、古い記事でも全く気にしないで出してくださって、構わないですよ!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑