rss twitter fb hatena gplus

*

#53.『13/ザメッティ』

ザメッティ

スタイリッシュな白黒映像を見て、これは見なければと、心が躍った。・・・



ストーリー・・・
セバスチャン(ギオルグ・バブルアニ)は屋根の修理で得るわずかな収入で家族を養っていた。ある日、仕事先の家主、フランソワ(フィリップ・パッソン)の下に友人が金の無心に来た。無一文のジャンキーの彼なのに、「大金を手に入れる方法がある」と漏らしていた。
薬物の過剰摂取によってフランソワが死んでしまい、セバスチャンはこの封筒を開けると、・・・。

2005年、ベネチア映画祭新人監督賞受賞、翌2006年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティション(ドラマ部門)審査員大賞を受賞、など、なかなかの話題作で、
そしてまた、先物買いの好きなブラピがハリウッドリメイク権を切望し、レオナルド・ディカプリオやトビー・マグワイアが主役候補に名を連ねている、とか・・・。
それでもって、さらに、この、若干31歳(’07年現在)のゲラ・バブルアニ監督自ら、ハリウッドで同作品を、セルフリメイク!だとか。

そんなことはこちらはつゆ知らず、ただ単純に、予告を見て、これは見たいな、と・・・。

生死をかけた人間ロシアン・ルーレット、輪になってその不吉な円陣を組む。

「あの電球が点いたら、開始の合図だ!」

なんていうのを見てしまったら、そりゃ、否が応でも期待度が高まってしまう、というもの。
そんな訳で、ちょっぴり、期待しすぎちゃったかな・・・?

確かに、“人間ロシアン・ルーレット”のアイディアはすごく面白かったので、一度、これを嫌というほどフィーチャーした映画があってもいいなあなんて思うし、このスタイリッシュなフィルム・ノワールの雰囲気も、バッチシ!

このゲラ・バブルアニ監督の実際の兄弟である、主演のギオルグ・バブルアニも、まるで『肉体の悪魔』のジェラール・フィリップのよう!
とても印象に残る、白黒映像の似合う、憂いの美形だったし。
ちなみに、彼の兄役で映画に、監督自身も登場。結構、顔も似ているネ。

電球がビビ〜っと、不吉な音をさせて、緊張で目いっぱいのテンションで、男達の汗臭い匂いでいっぱいのような、すえた感じの部屋
この瞬間なんかの映像は、一番気合が入っているだけあって、雰囲気が伝わってくる。
とってもイヤーな、緊張感が、ビリビリと全体から醸し出されていたよ。

電球の点灯は、ガチン!と大きな音のする、大仰なスイッチ。
まるで電気椅子の死刑執行の際の、第一スイッチ、第二スイッチのような(たとえば、『グリーンマイル』なんか、思い出してみて☆)、壁についているタイプのもの。ひぃぃ。

ただ、ちょっとネタバレになるんだけど・・・




13ザメッティアメリカ

6番役のオーレアン・ルコワン、この人が、生死の境に立っているというのに、全然平気そうな顔しているの。
コワモテなのは分かるし、事情アリだし経験者であって、慣れっこでもあり、そういったことから、他の円陣を組むその他大勢の参加者とは、少し違っているのかもしれなかったのだけれど、
それにしても、もう少し、だんだん狂ってゆく有様だとか、見ているだけで恐怖感を煽る、恐ろしいまでの心理描写が欲しかったなあ〜。

ちょっとアイディア負けかな?というか・・・
このアイディアを映像化するのでいっぱいいっぱいの、風変わりで邪悪なインディペンデント作品。
その域を超えてはいない感じがしちゃった。

「13 ザメッティ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
13/ザメッティ@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

2,327

コメント(55件)

  1. 13/ザメッティ

    原題:13/TZAMETI
    製作年度:2005年
    製作国:フランス/グルジア
    上映時間:93分
    配給:エイベックス・エンタテイメント/ロングライド
    監督:ゲ…

  2. 13/ザメッティ

    原題 13 TZAMETI
    製作年度 2005年
    製作国 フランス/グルジア
    上映時間 93分
    製作 ゲラ・バブルアニ
    監督 ゲラ・バブルアニ
    脚本 ゲラ・バブルアニ
    音楽 イースト
    出演 ギオルギ・バブルアニ,パスカル・ボンガール,オーレリアン・ルコワン
     集団ロシアン・ル…

  3. 映画『13/ザメッティ』

    原題:13 Tzameti
    灯を中心に13人の男たちが輪になって取り囲む、男たちの手にはズッシリと重く黒光りする一物が・・トルコでは42人の選手で争われたという、死のゲーム・・
    グルジアからフランスに移民してきた22歳の若者セバスチャン(ギオルギ・バブルア…

  4. 『13/ザメッティ』’05・仏・グルジア

    あらすじセバスチャン(ギオルギ・バブルアニ)は、偶然手に入れた封筒の中に入っていたパリ行きの列車のチケットを使い、一攫千金をもくろむ。単身パリに向かった彼は謎めいた指示に導かれある館にたどり着く。そこは13人のプレイヤーに大金を賭け集団ロシアン・ルーレ…

  5. 13 ザメッティ

    暇を持て余した 金持ちたちの 遊びHOSTELアイズ・ワイド・シャットそして、ザ・メッティこの3作品、ひじょーに悪趣味です。ひじょーに怖いです。キライな人が多いんじゃないでしょうか。これらの映画がかもし出す恐怖は「もしかしたら、映画の世界じゃなくて、実在する…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑