rss twitter fb hatena gplus

*

#50.ドリームガールズ

ドリーム・ガールズ1962年、デトロイト。プロの歌手としてのデビューを目論む、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人から成る、女性歌手トリオ・ドリーメッツ。
彼女たちに目をつけた、敏腕マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)は、R&B歌手、ジミー・アーリー(エディー・マーフィー)のバックコーラスとして、彼のツアーに参加させることに成功した。



だが、ジミーが流行から次第に取り残されていくのを、敏感に察知した敏腕マネージャーで、冷血なところもあるカーティスは、ジミーのバックコーラスから、彼女たちをデビューさせることを英断。
“ザ・ドリームス”として、音楽もPOPなものにし、大衆受けを狙う。さらに、歌唱力が特に優れたエフィーではなく、ルックスのいいディーナをメインに据えて、商業的成功に賭けた。

ステージ











商業的成功の裏で渦巻く人間模様、当時の’60年代〜’70年代のMOTOWN全盛期の音楽業界・・・。

これって、そんなに絶賛するほどの映画だったかな・・・?

そもそも、MOTOWNの成功逸話だったりするなら、もっと以前の、ソウルやR&Bの、本格的な方が好きで、アレサ・フランクリンなんかが、大好き。
ジェニファー・ハドソンの歌が、どこかアレサを思わせる力強い歌声だったのは、初めグっときたのだけど。
でもだんだんその歌のうまさにも慣れてくると、歌唱力はあっても、押すばかりで引きがなくて、聞いていて飽きる。CDで聞いても、きっと飽きるだろうなあ・・・。

この映画自体も、ちょうどこの彼女の歌と似たような印象で、派手ではあるし、見所もあるんだけど、とにかくパワーだけで押しまくる映画というか、一本調子でずっと派手派手なので、ちょっと食傷気味。

作曲家のエフィーのお兄さんは、見ていてかわいそうだったなぁ。
俺からファンク精神を抜いた、味気の無い音楽を作らせるのはもう勘弁だ!」というセリフが出て来た時は、いかにもそうだろうなあ、なんて、納得してしまった。
マネージャーのカーティスは、敏腕で、どういった音楽が売れるか、という鼻が利くのだろうけど、ミュージシャンの気持ちを理解せずに、商品としてしか見ていない。でも、こういう人は、今でも、音楽業界の上層部に、いかにもいそう。

R&Bやソウルという音楽から、一般受けを狙った、商業的成功のために、つまり、ソウルからソウルを抜いた音楽を作るなんて、一番つらいことだろうな。
成功したい気持ちはあっても、ミュージシャンとして、自分の納得いかない音楽を作り続けなければいけないのは、つらいことだろうと思う。せっかくの才能が台無し。

「そんな魂を売るような音楽は、作りたくなんか、ないでしょう?」
なんて、そっと肩に手をやりたいような気分でいっぱいだったー・・・。
どっかの誰かのミュージシャンが言ってたのだけれど、
一度成功したら、ずっと同じ曲を作らせ続けられる。リフを多少変え、歌詞だけ変えて、ずっと同じ曲を。でも、俺はそんなのはごめんだ。」
そんな言葉を思い出した私だった。・・・

ビヨンセ1とかまあ、そんな事を言いつつも、現在の私は、ビヨンセや元デスチャなんかは大好きだったりもして、それは、商業的大成功を収めてもいるので、「それはどうなんだ」、なんて言われても言い返せないんだけど、それこそが、この音楽業界に所詮踊らされている、観客の一人だ、ということなんだろうなぁ。

そして、この時代と今とは基本的に異なるところもないのだろうと思う。ただもっと、現代の音楽シーンでは、特にメジャーどころの、中心に据えられたアイコンなんかだと、トラックや編集に力を入れられたものが、そのTOPの座には、与えられるというか。
例えば、マライア・キャリーにしても、なんだかんだ言って、出す毎ごとに新作のアルバムが大ヒットするのは、目抜きアーティストとして、お金もかけまくられて、一流の作家をあちこちから探し出したりなどして、楽曲なんかにも力が入れられているなあ、と納得する内容だったりする。

日本で言えば、SMAPなんかが、やはり同じように、一流の楽曲を作るために、あらゆる有能な作曲人を厳選していたり、周りのスタジオ・ミュージシャンにしろ、演奏するミュージシャンにしろ、本当に一流どころを取り揃えていたりする。そんなのと一緒だと思う。

ビヨンセにしても、成功を得た今でも、次から次へと新しい才能を発掘するのに躍起になっていて、今旬、と思われる、新しいミュージシャンやプロデューサーを、次々に起用する。
そういった、人々に飽きられないための戦略が、うまいこと成功して、今現在としては軌道に乗っているのだなあ、と思ったりした。

日本なんかと違って、アメリカではアイドルにしろ、歌もちゃんと上手かったりして、“上手い”ってだけじゃ、生き馬の目を抜く業界で、勝ち続けることは出来ないんだろうし・・・。

B2そんな中、現在の音楽シーンに堂々と君臨する、ビヨンセは、本当にこの役にピッタリだったとも言える。彼女こそ、現代のダイアナ・ロスと言えるし、その成功は本家をとっくに抜いてもいると言えるので。
彼女が大好きな私にとっては、元デスチャのPVでも、ビヨンセのソロになってからのPVにしても、いつも真ん中で、一人輝きまくっている、そんなビヨンセが、人の後ろで歌っていたり、踊っていたりするのを見るのは初めてだった。・・・

ビヨンセには吸引力があって、人の眼を引きつけずにはいられない圧倒的なステージパフォーマンスをする人なだけに、この映画で、わざわざその魅力を殺して、歌も踊りも控えめにしている姿を見ると、悲しくて悲しくて仕方がなかったわ。

B3まあ、人とズレまくっているんだろうけど、最初に出て来たステージの時からして、他の人はいいから、ビヨンセが見たい!とばかりに、ひたすらビヨンセを追って見てしまったのが、そもそもの大間違いだったとは分かってるんですがね。

なので、途中で“ディーナ”を真ん中に据えて・・・なんて言われても、「そんなの、ビヨンセが真ん中に決まっているでしょう」とい

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

2,038

コメント(57件)

  1. 『ドリームガールズ』’06・米

    あらすじエフィー(ジェニファー・ハドソン)ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組はコーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出…

  2. ドリームガールズ

     『夢は永遠に生き続ける』
     コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪
     アカデミー賞最多ノミネート(6部…

  3. ≪ドリームガールズ≫

    ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
    ¥2,925 Amazon.co.jp
    (DVDレンタル@2007/11/09)
    原題 DREAMGIRLS
    製作年度?2006年
    製作国 アメリカ
    上映時間?130分
    監督 ビル・コンドン
    出演 ジェイミー・フォックス(カーティス・テイラー…

  4. ドリームガールズ 07202

    ドリームガールズ Dreamgirls
    2006年   ビル・コンドン 監督ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ  エディ・マーフィ ダニー・グローバー ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ キース ロビンソン シャロン・リール ヒントン・バトル
    ….

  5. TBありがとうございました!
    もしや?と思って、早速来てみると、、、
    ぎゃははは!!
    >そんなの、ビヨンセが真ん中に決まっているでしょう
    >それぞれいがみ合うシーン。これも、うるさくて一本調子で、閉口した。
    この映画をベストに入れている人たちって、書いちゃうケド、
    3ディグリーズもシュープリームスもポインターシスターズもシスタースレッジも、何も聞いたことがない人なんじゃないかな?ストーリー的に「良い映画」というのは、絶対にないしね。良いというのであれば、音楽しか考えられない。その音楽も、喧嘩ばっかりじゃねぇ、、、
    ホント、さいてー映画だと思いますyo!

  6. 猫姫少佐現品限りさんへ
    こんばんは〜☆コメントありがとうございました。
    そうなんですー、私この映画、大嫌いだったんです〜。
    何がどう面白かったのか、世間の意見が、本当理解不可能。という感じでした。
    本当は、ここで音楽を作曲しているのが、ビヨンセだったりするのに、
    ビヨンセの歌は、存在感がなくて、上手くない、そしてちょうどこの映画のダイアナ・ロスみたいに、才能がなくて、歌も下手。なんて言われちゃうのも、私にはとても嫌なことでしたー。
    ビヨンセの歌を今までちゃんと聞いたことがあるのか?って感じ。
    (あれ、微妙に噛み合っていない気が・笑)
    とにかく、何も面白くない映画でした。

  7. ドリームガールズ

    夢は永遠に行き続ける
    【関連記事】
    ドリームガールズ 壁紙1 壁紙2 壁紙3




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑