rss twitter fb hatena gplus

*

#43.ディパーテッド

ディパーテッドこれ、自分は面白かったですけど・・・だめ?!
いやいや、自分は面白く見れたです。うん。
役者たちの競演もすごく良かったし。
マーク・ウォルバーグなんて、一番良かった!
でも、アカデミー作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞受賞・・・そんなことより、周辺の噂やら、何やらの方が面白かったな。




マーティン・スコセッシ監督も、「本当はこの作品、撮りたくなかった」とか、ブツブツ言ってるかと思えば、アカデミー受賞してすごく感激してたり。

はたまた、この『ディパーテッド』のオリジナル映画、『インファナル・アフェア』の監修・脚本トリオの、アンドリュー・ラウ&アラン・マック、フェリックス・チョンの作品、『傷跡 Confession of Pain』をリメイクするとか・・・。
うう〜ん、それより何より、『ディパーテッド』は2もあるらしいし、マーク・ウォルバーグが口を滑らしたところによると、2がうまく行けば3もあるとか・・・。
スコセッシが監督やるかやらないかは決まっていないにしろ。


ともかく、今度スコセッシがメガホンを取るらしい映画は、“The Long Play(仮題)”って、R&BからHIP HOPまでの音楽業界を描いた、スコセッシ原案の映画だとか・・・。
ミック・ジャガー監修、スコセッシのオリジナル映画になるようで。


なんて具合に、『ディパーテッド』そのものより、その周辺のよもやま話がまだまだしばらく、出て来そう。


で、ともあれ、この作品。
私はオリジナルを見ていないせいか、特に嘆かわしい思いをすることなく、堪能してしまいました。
友達は、怒ってましたけど。


ストーリー・・・
ボストンの南地域、サウジーSouthieと呼ばれる地域は、’80年代終わりまで、とても治安が悪かった。ここに君臨するは、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。
ここに、新人警官が二人配属になった。ビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、一族に犯罪者が多く居る家系である一方、優秀な成績で警察学校を卒業。
そうしたことから、非常に難しい任務である潜入捜査に、入所して日もなく、突然配属されることに。
一方のコリン(マーク・ウォルバーグ)は、エリート・官僚コースに就き、いつしかコステロの捜査のチームに入ることになる。
だが、コリンは実は、警察も知らない、コステロとの影の繋がりがあった。

正反対の立場にいる、男同士の攻防戦。
正体を知られた方が負け。


えと、自分は期待していなかった分、だいぶ楽しめました。オリジナルを見ていないせいもあるのかな、と思うのだけど。
大体、私、潜入捜査モノって好き。
『フェイク』の原作なんかも読んだのだけど、ドニー・ブラスコというあの名前で、実際の潜入捜査の告白本というものが出ているんだけれど、
あの本物は、まだ、名前を変え、アメリカのどこかの街に、生きているらしい。


マフィアからの賞金も、その首にかかっているとのことで、まだ彼は生きていて、FBIの証人保護プログラムの下に、転々としている・・・
考えるだけでワクワクしてしまうw
いや、大変だと思いますが。
でも、こうした囮捜査は、自分の命がかかったいる、失敗の出来ないものであるが故に、そこには本当にドラマがありそうだ。


この物語では、単に潜入捜査である、というこの事のみならず、
マフィアの方からも警察の動きを逐一報告する、コリンが警察側へ“潜入”しているいることから、この二人の頭脳プレイ、一騎打ちになるのがとても面白い。
どちらも、すぐにはシッポをつかませないという・・・。
そして、二人とも、この立場を好き好んでしている訳ではなく、だが力を抜いたら、すぐに自分の命が危うくなってしまう、このギリギリ感が良かった。


レオナルド・ディカプリオがまた、迫真の演技で良かった。
よくあんな姿の野良犬みたいな表情が出来るなあ、と・・・。
マーク・ウォルバーグがまた、すごく良かった!
いやはや、マーク・ウォルバーグには、新境地のような気がする。もともと芸達者ではあると思うけど。


でも、この終わり方・・・初めは、なんだ、こりゃ。と、ビックリした。
でも、2があると聞き、納得がいきましたね。
この終わりの未解決部分が、こっちも2に繋がるように作った、ってことなんですよね?


なら、いいのか、な・・・(ポツリ)


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,601

コメント(52件)

  1. ディパーテッド

     『男は、死ぬまで正体を明かせない。』
     コチラの「ディパーテッド」は、1/20公開になった「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイクなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪
     あたしは、オリジナルが大好きなので、この映画に関しては多少辛口になってしま….

  2. No.73 ディパーテッド

    香港の傑作映画「インファナル・アフェア」
    3部作の1作目のリメイク作品。1作目が個人的にかなりの
    良質で好きな映画を10本選べと言われたら、
    この作品を選びます。
    そのため、どうしてもオリジナルとの比較してしまう。
    リメイク作品なんだけど、アカデミー賞の作….




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑