rss twitter fb hatena gplus

*

#37.キング・オブ・ポルノ

キング・オブ・ポルノ昨日UPした『BOBBY ボビー』があまりに気に入ってしまって、もいっちょ、エミリオ・エステベスの監督作品をば。
ジム&アートのミッチェル兄弟という、ポルノ映画で一時代を築いた、実在の人物の物語。
実際の兄弟である、エミリオ・エステベスと、チャーリー・シーンが兄弟役を演じているのが面白い。




’60年代後半〜’70年代のヒッピー文化から、元はアート映画を目指して映画を撮り始めた兄のジム・ミッチェル(エミリオ・エステベス)と、その弟、アーティ・ミッチェル(チャーリー・シーン)。
時代の自由精神からポルノ映画に移行し、その時代お得意のドラッグに二人とも、次第しだいに溺れていく。
・・・なんていう、今じゃまあ、ちょっとありがちなストーリー。


描かれ方はとても丁寧で、ドキュメンタリーとして、正当に撮ろうとする姿が感じられる。
一番核になる部分は、兄弟間の愛情で、そこに葛藤がある時ですら、兄ジムの弟に対する深い愛情が伝わってくる。

とは言え、それが悲劇の引き金になっているバッド・エンディングで、その辺りの緊張感を醸し出すカメラがちと丁寧すぎた。
悪い予感が的中する割に、それまでの愛情表現とウラハラになっているところが、唐突な印象を受けるのが少々もったいない感じだ。


でも明らかに、ここでのチャーリー・シーンは、兄エミリオ・エステベスによって、本当に愛情たっぷりに描かれていて、
この作品の中のチャーリー・シーンは、とても魅力のある表情が映し出されているのだった。


何よりこの兄弟のハゲっぷりが見事で、25歳という設定のその時点から、この兄弟は二人ともツルツルなんだけど、きっと実在の人もそうだったのだろう〜。
そして、raven風のサングラスに、ハゲ、口髭というスタイルは、『ラスベガスをやっつけろ!』のジョニー・デップを思い出したり。


ハンチング帽をかぶってサングラスで闊歩する姿がとても印象的で、二人ともオソロでソックリ。
ハンチング帽をかぶるから髪が薄くなるのか、髪が薄くなった人がハンチング帽をかぶるのか、順番が分からないながら、
とにかくこの時代の映画製作者はこんなスタイルが多かったんじゃないかナ〜なんて思う。


あと、『ジョン・マルコビッチの穴』にチャーリー・シーンが出て来たときに、やっぱりハゲヅラだったんだけど、それはこの映画のセルフ・パロディだったんですよね?


タイトルからついつい期待しがちなポルノ色は、あんまり大したことありませんでした(笑)
マッパはあるけどね。最初の方だけです。


この兄弟が共演しているというただそれだけでもう、画になる作品。

キング・オブ・ポルノ@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,621

コメント(5件)

  1. キング・オブ・ポルノ的内容だったのかが、ちょっとだけ気になりました(笑)

  2. ふるちんさんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    ナイスツッコミです★
    私、映画中のマッパが当然になりつつあるみたいで・・ヤバイ。まずい。
    エロゥすんませんでした^^;
    書き直しましたよ〜

  3. キング オブ ポルノ

    RATED X 大学で映画作りを勉強していたジム(エミリオ・エステヴェス)は、仲間たちとスタジオを作り、“芸術作品”作りと資金作りを兼ねて、ポルノを自主制作していた。 たまたまそこに遊びに来た弟アーティ(チャーリー・シーン)に、“ワーナー・ブラザースのように、ミ…

  4. エステヴェス好きなのに、なかなか時間が合わなくて「ボビー」を見に行けないでいる哀生龍です(涙)
    >一番核になる部分は、兄弟間の愛情
    >チャーリー・シーンは、兄エミリオ・エステベスによって、本当に愛情たっぷりに描かれ
    この兄弟だからこそ、と感じられるテイストの作品に仕上がっていましたよね。
    実話を元にしているとはいえ、別の脚本家&監督が映画化したら、全く違った雰囲気や切り口になっただろうと想像されます。
    エステヴェスは本当に弟が可愛い(&心配?)に違いない!
    と言うことで「メン・アット・ワーク」も、大好きです♪
    もしまだご存知でないのであれば、是非!

  5. 哀生龍さんへ
    こんにちは★コメント&TB、ありがとうございました。
    『BOBBY』はすっごく良かったです。今年の中で、早ベスト1になってます。
    時間があれば是非とも・・♪
    >実話を元にしているとはいえ、別の脚本家&監督が映画化したら、全く違った雰囲気や切り口になっただろうと想像されます
    本当にそうですよね!エミリオ・エステベスの弟への溢れる愛情あってのこの描き方だったのですものね^^
    『メン・アット・ワーク』もエミリオ・エステベスの監督作品ですね。
    今見たいのがたくさんあるのですが、これもそのうちに見たいリストに加えておきますね♪




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑