rss twitter fb hatena gplus

*

#36.BOBBY ボビー

BOBBY ロサンゼルス、アンバセダーホテル、1968年。
ロバート・ケネディ、通称BOBBYの暗殺事件の際に、偶然居合わせた22人の物語。
この群像劇というものに、アメリカの歴史として衝撃的な、運命的な日にちというものがあるだけに、そのバラバラな個々のストーリーを編み上げる、“一つの視点”というものが、焦点を絞られていて、その手腕は見事だ。




歴史を見た、というその力強い表現が、リベラルでありあくまでも人間性、ヒューマニズムを訴えかけているだけでなく、
何より、この群像劇の底辺に流れているもの、それは間違いなく叙情性だ。
この詩情豊かな感情表現が、台詞の美しさを引きたて、その一瞬一瞬を、きらめく一つの“詩”にしている。
また、まるで一つひとつが短編のように絡み合っている様が見事。

去年の『クラッシュ』とどことなく似ているような感じがあるのは、『クラッシュ』において“交通事故”というものが人間のコミュニケーションの有様を、あらゆる視点からシンボリックに描き出していたが、
この映画においては、“ボビーの暗殺事件”という、一つの歴史的に揺るがない一大事として、人々の心に大きな“交通事故的ショック”を与えていたためだ。

アンアサダー・ホテル


 


 


 


 


 


 



この一つの大きなタペストリーに、それぞれの人たちの、どこにでもありそうな日常的な模様が描かれる。
その時代のそこにある、人種間の考え方の相違や、ベトナム戦争で世相が暗くなる中、自由への人々の願い・・・
ボビーの選挙、というものに対して人々がこめた、祈り。
そういったものが、一つひとつの糸が、細かに編み上げられてゆき、そして、そのタペストリーは、無残にも一個の銃弾の前に倒されてしまう。

でも、そこにはかつて間違いなく、流れていたものはあるのではないか?
その時代精神の中に溢れていた、人々の感情というものは、自由への願いというものは、では、一発の銃弾でもって、無残にも踏み潰され、引きちぎられてしまったのか?


そうではないはずだ。今からでも、取り戻せるはずだ。人々の願いがあれば、なんとかこの状態を、きっと変えることが出来るのでは、と、私は思った。


あからさまに政治色の強い作品ではなく、こうして良質のドラマとして、叙情豊かに描かれた、この物語。私はかなり好きだ。


ジョシュア・ジャクソンいろいろな人達の物語がある中、司会役として、この映画の要の役を演じ、ひときわ際立っていた、ジョシュア・ジャクソン(←写真左)。


出演者は、まず、この作品の監督であり、脚本も書いた、エミリオ・エステベス、ヘレン・ハント、ウィリアム・H・メイシー、アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーン、イライジャ・ウッド、マーティン・シーン、リンジー・ローハン、クリスチャン・スレーター、ローレンス・フィッシュバーン、デミ・ムーア、フレディ・ロドリゲス(ホセ役←メキシコ系のコック見習い役、チケットを売った方)。
それから、若い報道記者、シャイア・ラブーフ(私的にチェックが入りました)。


ニック・キャノンあと他には、私的に嬉しかった、ニック・キャノン(ロバート・ケネディと、最後に会談する光栄を得た人)。
この人、『ドラムライン』で主役やった人です。
みんな、覚えてくり〜!


あと、一番笑ったのが、アシュトン・カッチャー!
この人には、爆笑させてもらいましたアシュトン・カッチャーは、絶対そのうち、ドカーンと来ると勝手に確信しちゃいました。
まるで、『トゥルー・ロマンス』の時の、ブラピのようじゃありませんか〜?(何がって、物語中であまり意味のない、イカレたstonedブリが◎なところがっ!)

「何を求めているのか?
・・・いや、君は逃げている。
何を求めているんだ?」


まるでLSDを偶然発見した、ティム・リアリー博士のようでしたよ。(・・・あ、ちなみにこの、ヒッピー文化の立役者になった博士、ウィノナ・ライダーの名づけ親って、知ってました?)
「ボビー」の映画詳細、映画館情報はこちら
ボビー@映画生活


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

2,082

コメント(53件)

  1. 独断的映画感想文:BOBBY

    日記:2008年3月某日 映画「BOBBY」を見る. 2006年.監督:エミリオ・エステヴェス. 出演:アンソニー・ホプキンス(ジョン・ケイシー),デミ・ムーア(ヴァージニア・ファロン), シャロン・

  2. ボビー

    こんなに大物集めちゃって大丈夫なの?
    ともかく豪華ですねー。
    スターが集まると一人一人の見せ場が必要になって
    失敗したりするのですが。。。
    監督は、あの、エミリオ・エステベス!
    お手並み拝見。
    DVDで観賞。
    1968年6月5日、カリフォルニア州ロサンゼルス。

  3. 『ボビー』を観たぞ〜!

    『ボビー』を観ました1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマです>>『ボビー』関連原題:BOBBYジャンル:ドラマ上映時間:120分製作国:2006年・米監督・脚本・出演:エミリオ・エステヴェス製作総指揮・出…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑