rss twitter fb hatena gplus

*

118.カオス

カオス一見するとまるで繋がりのないように思えるという、出来事の数々。・・・
カオス理論ー“予測できない複雑かつ不規則な様子を示す現象を扱う理論”を元に計画された、という犯罪事件。・・・とか言っても、大した意味は成してはいない。なんか大仰なこと言ってるな、という感じ。
でも、十分楽しめます!

スリル溢れる展開、クールなやり取り。
退屈しないで見れた。なかなかに拾いモノな感じ♪




ストーリー・・・
シアトルの銀行を武装強盗団が襲撃し、リーダーのローレンツ(ウェズリー・スナイプス)は交渉人にコナーズ刑事(ジェイソン・ステイサム)を指名。コナーズは謹慎中の身であったが、新人刑事デッカー(ライアン・フィリップ)と組むことになり、復活する。
コナーズはSWATと共に強行突破を試みることに。だが、それは罠だった。突破した瞬間にビルは爆破され、犯人たちは騒ぎに乗じて逃亡。
だが不思議なことに、金庫からは現金も宝石類も盗まれてはいなかった。
とある私用金庫にこの事件の鍵があるのか?・・・


カオス理論ー’63年エドワード・ローレンツの提唱した理論。
(で、これが後で分かるんだけど、この映画の中で、ウェズリー・スナイプスの苗字と偶然同じ。)
あんまり事件との関連性があるとも言い切れないんだけど、・・・犯人の変成した犯行声明で喋る中で、「この喋り方は暗号だ」と気づいたり、単語と単語を自分で検証しようとする、新人刑事のデッカー(ライアン・フィリップ)。こういうシーンて、見ていて嬉しくなったりする。


相変わらずジェイソン・ステイサムの声はシブくてカッコいいし、こないだまで大運動会やってたウェズリー・スナイプスの、謎な感じもソソられる♪
ライアン・フィリップの新人刑事ぶりは、『クラッシュ』の役の時を彷彿とさせられたりもする。意外にもすっごくイイ感じ。
こんな風に、役者が引き立つようなサスペンスって、やっぱり良質のものと思えるし、ワクワク見られる物語展開なので、損するタイプの映画ではないと思うナ。


途中で「エ!?」という展開が起こって、後でそれが覆される。
こういうのって、騙される方が楽しくて、毎度毎度騙されてる私としては、「なんかあるに決まってる」と思いつつも、邪推するとすぐ分かってしまうので、極力邪推しないように気をつけながら見て、後で「ワー、騙された」なんて喜ぶ、とってもオメデタイ、サスペンス好きなんです。


構成としても、とても手堅く纏められていて、派手な感じと手堅い感じがいい具合にミックスされた、役者の魅力をビシビシ感じられる、美味しいサスペンス。

“なかなか出来のいい新人”と、“古参でツワモノな古株”、このバディぶりも楽しければ、その気持ちのいい裏切り方が、とても楽しかった作品でした♪


だいぶ満足度は高かった感じ。んふ。

カオス@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,827

コメント(54件)

  1. カオス

    「カオス」です。 シアトルの銀行を武装強盗団が襲撃し、リーダーのローレンツ(ウェズリー・スナイプス)は、交渉人にコナー

  2. 独断的映画感想文:カオス

    日記:2008年7月某日 映画「カオス」を見る. 2005年.監督:トニー・ジグリオ. 出演:ジェイソン・ステイサム(クエンティン・コナーズ),ウェズリー・スナイプス(ローレンツ),ライアン・フィリッ

  3. メリ・クリ〜っす ぱーと
    >>構成としても、とても手堅く纏められていて、派手な感じと手堅い感じがいい具合にミックスされた、役者の魅力をビシビシ感じられる、美味しいサスペンス。
    これに尽きますね。言い当ててます。
    「ん?」って思うシーンがいくつかあって話が展開していくと
    「なるほどね〜」と納得。いや、うまくできてますよね。
    知らない監督だし面白そうな雰囲気は感じるけど
    大味な作りでイマイチ・・・いやイマサンくらいだろな・・・
    なんて思っていた作品だったので、非常に得した気分でした

  4. サイさんへ
    こちらにもコメントありがとうございます〜♪
    たくさんのメリクリコメント、本当にありがとうございました♪とっても嬉しいですー
    サイさんからのクリスマスプレゼントかな
    なかなか楽しめたみたいで、すごく嬉しいですー!
    面白くなさそうに思えて、意外に面白かったでしょ?でしょ?
    やっぱり、役者の魅力が十二分に発揮されている作品て、本当嬉しくなりますよね。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑