rss twitter fb hatena gplus

*

116.unknown アンノウン

とある廃棄工場で目覚めた5人。一人は手錠を掛けられている。一人は殴られ、鼻を骨折している。一人は縛られている。・・・
そして、それぞれ皆、自分が誰なのか、なぜそこにいるのか、記憶がない。
こんなシチュエーション・サスペンス、・・・まあ、『SAW』の出だしにそっくり。だけど、こういうの、好きで好きで仕方がありません。・・・




たとえ、アガサ・クリスティが『そして、誰もいなくなった』で行ったこと以上の進展は、ミステリ界において、もはや今後も絶対望めないとしても。だけどここが新しいとか、このトリックはあの映画とはこんな風に違っている、とか、そうやって、楽しんでしまうんですね。
密室という限られた空間において、それをどう新しくするか、っていうのは、本当に想像力を刺激されるし、そいつが醍醐味なんだよねぇぇ〜なんて、ワクワクwしてしまう、私達ミステリ好きの皆さんなのです。
例えば乱歩の『五銭銅貨』であったりとか、後から考えてみれば、ま、たいしたことはないのかもしれないけど、そういう一つ一つのちょっとしたアイディアに、これぞまさしく求めていたものぞ、と舌鼓を打って、「やっほ、そこは新しいですね」、なんつって、一つ一つ丹念に調べてみては喜ぶ。こういうのって、好きな人にはたまらないんですよね。はい〜。


そういった点で見てみると、この映画は、そうそう「目新しいのか」と問われれば、別段、そこまで新しい、というわけではないかもしれない。
だけど、この映画での始まり方はわくわくするものであったし、鮮やかだったしね。その後の二転・三転も、私は簡単にコロっと騙される方ではあるけれども、やっぱり騙されて、とっても楽しかった〜♪


目覚めた5人が記憶のない状態で、自分が誰かも分からず、どうしてここにいるのかも分からない。それまでの記憶も、ない。そんな状態で、分かったのは、ここにいるうちの誰かが人質で、誰かが犯人だ、ということ。
自分がどっちなのか、それすら分からない、というのがとっても面白い


で、ストーリーが進むにつれ、この密室の中で、それぞれの記憶が断片的に思い出されてゆく。・・・
初めに起き上がった男、これがこの映画の主人公なんだけれど、名前がないので、HPに従って呼ぶなら、“デニムの男”(ジム・カヴィーゼル)、次に起き上がるのが“作業服の男”(バリー・ペッパー)。
このようにしてに呼ぶと、
  ・“鼻が折れた男”-グレッグ・キニア
  ・“縛られた男”- ジョー・パントリアーノ
  ・“手錠の男” - ジェレミー・シスト


で、物語の序盤の鍵となるのが、犯罪グループのボス(ピーター・ストーメア)からの電話と、銃。
この電話に出た“デニムの男”が何の違和感もなく状況を尋ねられることから、どうやらデニムの男が犯罪者側なんじゃないか、ということ。
だが、ここにある唯一の銃を持つのもこの男だ。
そして、この状況の中、そういったことは別として、犯罪者たちが到着する前に、何とかして、この閉じ込められた状況を打開しようと、積極的に動こうとするのも、デニムの男だ。


少しづつ蘇る記憶というものが、次に来る展開を裏切る形で、進んでゆくのがとても楽しい!
で、そういった思い出される記憶が、2転3転するところに、新たな風合いを与えてゆく。
これが、毎度毎度きれいに騙された私としては、とっても楽しかったぁ


:::::この先、ネタバレ気味で進みます::::::



 


 


 


 


 


 


 


作業服の男に思い出される、デニムの男と知り合いだった、という記憶。
そして、デニムの男が持つ、娘の写真と、妻と娘を愛していた記憶。
こういった思い出を持つ者が、悪者ではないだろう、と、作業服の男がデニムの男に対して、どことなく男の友情のような、「この男は信頼できる、いや、信頼したい」というような思いが描かれる。
こういう男同士の感情、こういうのがグっときちゃうんですよね、私には


それから、“手錠の男”は最初から撃たれ、負傷している。
この設定で・・・いや、やはり、これはうまいこと騙されてしまいました。私。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




それから、バリー・ペッパー!
この人は、演技が力強くて、心に残りますね。『父親達の星条旗』にも出演、『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』、『25時』や『グリーン・マイル』等に出演・・・
ここでも、なかなかの存在感を発揮していて、前述した男の、男に対する直感というもの、それを、主人公のデニムの男に対し、言うのです。
「よく分からないが、お前だけは信頼できるヤツだ、という気がする。」


で、このセリフが、最後の最後のドンデン返しに、効いてくるのです
そこまではさすがにネタバレは出来ないけど、男同士の基本的信頼感てヤツですか?
相手を良く知らないうちから、なんとなくピンと来るような、コイツは信頼できる、だから信頼する、そんな、言葉では説明できない思いのようなもの。


そういうのって、「オマエ、甘いんじゃないの」なんて、私は思ったりもします。
理性でなしに感情優先な訳でしょう。
だけど、それが、ここのラストでは、そんなバリー・ペッパーの甘さが、彼自身を救った、と言えるんだなぁ〜・・・
く〜〜〜、カッケ〜!
男同士・・・くそっ、羨ましいぜ!!









 



 


あとまあ、この、縛られた姿の、ジョー・パントリアーノ。
くふふっこの人がこうしてギャンギャン五月蝿く騒いでいる様・・・
まー、『メメント』の大好きな人は、“記憶”モノで、ジョー・パントリアーノと来たら、
あの、テディ思い出すしかないでしょう!!!!

あー、いいねいいね、懐かしいね〜♪
私『メメント』が大好きだったんですぅ!!!
で、この映画でもやっぱり、何となく信頼できないような男として、一人吠えています。可哀想に、誰も助けようとしない。
「縛られているのは、それ相応のことをしたからに違いない」とかって、最初っから、信頼されていないのです(笑)!で、縛られたまんまで、ほとんど彼抜きに話は進む(笑)。
で、やっぱり、正体が分かっても、ただの・・ムググ。
ま、そんな訳だけど、彼が出て来て、オイラ嬉しかったよー!うふ。

unknown@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

3,465

コメント(63件)

  1. unknown(アンノウン)@我流映画評論

  2. unknown(アンノウン)@我流映画評論

  3. unknown (アンノウン)

    久々の・・・いや、今年見た中で一番面白かったんじゃないか?って傑作でしたよ。
    (*´∀`*)マジマジ
    unknown アンノウン監督:サイモン・ブランド出演:ジム・カヴィーゼル , グレッグ・キニア , バリー・ペッパー , ブリジッド・モ…

  4. (*´∀`*)はじめまして
    これはホント面白かったですね♪
    バリーペッパーは、後半ぐらいまで犯人側に思えて仕方なかったし、主人公デニムが犯人側だと分かった時のショック・・・でもまださらに!って、最後まで大どんでん返しが楽しめました
    TBさせていただきました♪これからも遊びに来させていただきます(*´∀`)

  5. HARRYさんへ
    初めまして!コメント&TB,ありがとうございます!
    遊びに行って気がついたのですが、HARRYさんは、SGA屋さんのお友達だったのですね〜☆
    ウルトラマンがお好きとは、奇遇ですね!
    私今日実は、ちょうどウルトラマンマックスを見ていたんですよ〜。
    後で、遊びに行かせていただくかもしれません。
    で、話は戻ってこの映画ですが、これなかなか見所のある面白い映画でしたよね。
    私はこういうの、結構丁寧に作られているのって好きなんです。
    こちらこそ、これからもどうぞ、よろしくお願い致します〜!

  6. unknown アンノウン

    2005年:アメリカ
    監督:サイモン・ブランド
    出演:ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、バリー・ペッパー、ブリジッド・モイナハン、ジョー・パントリアーノ
    閉ざされた廃棄工場で目を覚ました5人は、なぜか全員記憶を失っていた。わずかな手がかりから、彼らのう…

  7. unknown アンノウン

    レンタルで鑑賞―【story】廃棄工場に閉じ込められた状態で目覚めた5人の男たち(ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニアら)は、記憶を失っていた。それぞれの記憶が曖昧に蘇ってくる中で、自分達は誘拐犯と人質であることが分かる。誘拐犯のボスが戻ってくるまでに、自分達…

  8. とらねこさん、こんにちは!
    期待しないで鑑賞したのですが、とっても面白かったです!
    特にラストが好みでした〜♪
    ちょっと中だるみもあったかなぁ〜とは思いますが、結構ハラハラしましたよね〜
    こういうサスペンス物って大好き♪

  9. 由香さんへ
    こんばんは〜♪コメントTBありがとうございました!
    おおーっ、楽しめましたかぁ!
    そうそう、あのドンデン返し。
    人によっては、いまいちって人もいるんですが、私はやっぱり、男同士のシブさを感じられてホッとしたんですよ!!
    本当ああいう時って女ってヒドイわあ。
    女なんか信用できないわ〜ってね♪

  10. unknown アンノウン

    【unknown】2005年/アメリカ
    監督:サイモン・ブランド 
    出演:ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、バリー・ペッパー、ブリジッド・モイ…

  11. 目だったスターが出ていないこういう作品でも
    十分楽しめるのが嬉しいですね〜
    私もどんでん返しにはびっくり。
    あれは何!?
    やられましたね。
    5人が5人とも怪しげな人物で
    本人たちも悪なのか善なのかわからず
    見ているこちらもいっしょになって推理しながら
    進むのがスリリングで面白かったです。

  12. ジュンさんへ●○
    こちらにもありがとうございます♪
    そうそう、この作品て、雰囲気がバッチリでしたし、妙に男だけの空間が異様で、なんだか良かったです。
    あのドンデン返しには、おっそう来たか!と二転三転して。
    この辺りは好き嫌いがあるのですが、ヤラれましたよ私。
    あ、確かに5人がみんな怪しそうな顔してました^^

  13. 映画『unknown/アンノウン』

    原題:Unknown
    まるで「ソウ」かと見間違うようなオープンング、徐々に、同じ雰囲気を漂わせているのは最初なだけだと分かる・・5人の疑心暗鬼が渦巻く密室スリラー・・
    古びた薬品倉庫の中に5人の男たち、ジーンズジャケットを着た男(ジム・カヴィーゼル)、鼻…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑