rss twitter fb hatena gplus

*

112.夜叉ケ池

夜叉ケ池’04.10.14.〜’11.14.まで、東京・大阪・愛知で行われた舞台劇。
泉鏡花の原作『夜叉ケ池』のリメイクを、三池崇史監督が演出、脚色は永塚圭史、美術に会田誠が担当。


古くて新しい、実験的な新古典。




ストーリー
三国ヶ岳の夜叉ケ池のほど近くに、ひっそりと棲む、新婚夫婦の百合(田畑智子)と晃(武田真治)。ここ最近水不足で、人々の生活が苦しくなり、村の人々の不満は徐々に増しつつあった。
もともと東京者である晃がこの地を離れないのは、ここにある鐘つき堂のためだった。鐘は明け六つ、暮れ六つ、丑三つの、日に三度つかなければならないもので、先代の鐘楼守である百合の父親であるが、死ぬ間際に晃にこの役割を残して逝ってしまったのだ。


この鐘には伝説があり、鐘をつくのを人々が怠らない限り、水神である夜叉ケ池の白雪姫(松雪泰子)が水の氾濫を行わず、人々の暮らしを守る、ということ。
だがこの話は大昔の人間との約束事であって、村の人々は半ば伝説化したこの話を、だんだんと忘れてきていた。
一方、白雪姫は、山一つ向こうの千蛇ケ峰に棲む、守り神に恋をして、一目逢いたい気持ちを募らせていた。だが村の人々との掟により、この地を離れることはならず、辛い気持ちを抱えたままこの地に留まらざるを得ない。
人々は水神との約束をとうに忘れているというのに。・・・


妖怪の世界と人間の世界が交錯する。自然と人間との対比が描かれていて、人々が文化を築く中に、自然に対する思いを忘れてしまい、その繋がりが切れかけているのだ。
人々は自然への感謝の気持ちを忘れかけている。


これを、“鐘”という時を知らせるもの、人間の暮らしに欠かせない、象徴的な鐘に中心を据えて描かれている。
これら人間と自然界との繋がりを唯一の“結界”である鐘つき台、これが壊され、水の氾濫が起こるときの描き方は、寓話的であり、かつ神話的でもあり、圧倒的な物語性となって、私達の心に訴えかけてくる。


鏡花の原作であるこの小説は、’79年に篠田正造監督の同名タイトルの映画『夜叉ケ池』がある。私は未見だが、白雪姫の役を坂東玉三郎(五代目)が演じた、とのことで、さぞ美しい女神であったのだろう、と思う。
約束を忘れた人間たちなどを放って、恋に生きたいと願うとする女神は、人間世界でひっそりと愛し合う百合と晃、との対照性により、とても胸を打つものとなっている。


DVD夜叉が池


左、DVD用の幻想的タッチの絵。とっても綺麗です。


こういった神話的なテーマを描いていながら、それを現代の我々にアプローチをさせる、三池監督の演出の手腕は、舞台初挑戦でありながら、とても面白いものだった。
晃役の武田真治、昔の同胞である文学士役、山沢役の松田龍平など、若手の役者を使いながら、丹波哲郎や、きたろうなど、そこに居るだけで存在感を放つベテランの役者たちも上手に起用。萩原聖人や松雪泰子なども、とてもいい役どころをしてもいる。


そして何より、この鏡花原作の神話的世界が、何より“笑い”に転じているのに、一番の驚きを禁じえない。
随所随所に盛り込まれる笑いの要素。
この笑いのセンス、はっきり言って、“鏡花のリメイク”ではもはやない。
三池監督の笑い、彼の持ち味である。
妙なジョークと、そのおかしなタイミング。
こういうギャグは、正直、若い人でないと分からないと思う。もしくは、センスが若くないと、分からない。

世界観の圧倒性もまた、見事だった。強烈な赤の印象を植え付けてのちの、水の妖怪縁者たちの青の世界との対象性。
これらの役者が、村の人々との一人二役を演じているところなど、とてもユニークで思わず唸ってしまう。
きたろうなどは、どっちに出ていてもとても強烈な個性を発揮している。
自分は、この人がこんなに凄いとは、すみません、知らなかったです!


舞台劇って、こんなに、役者一人ひとりの演技が、動きの一つ一つが、際立って感じられるのでしょうか。・・・
舞台ならではのセリフ回し、立ち居振る舞い、というものに、本当に心を奪われてしまった!

特に、武田真治。はっきり言って、ナメていました!
ものすっごーーーく、カッコ良かった。ゆらっと動いて腕を振り回し、目を輝かせて話し、全身全霊の演技で“魅せる”。
思わずヨダレが・・・なんて、なんて、素敵なんだろう!!
美しい、動きが美しい。カッコよすぎ!ああいうのこそ、カリスマと呼ぶべきなんでしょうか。今まではただ単に、顔がカッコイイだけの人だと思ってたけど、とんでもない。
松田龍平も、すんごい良かった。この存在感、並じゃないですね。やばい。
このときの松田龍平は、三池作品に初出演だったとのことですが、とても光っていた。


三池監督の後の『46億年の恋』で、ミニマムな舞台設定のようなセットが組まれていて、まるで『ドッグビル』のようだ、と思ったが。トリアーではなく、もともとこちらの『夜叉ケ池』で培われていたもの、と言えるのかも、と思ったり。
古典文学を、実験的な手法で生まれ変わらせ、コメディタッチで若々しい作りにしながらも、テーマはこぼさずに描かれていた。三池監督は、こんなに新しいことが出来るのか、挑戦的なこの芸術に対する姿勢が、とってもカッコ良く思えた。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,230

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑