rss twitter fb hatena gplus

*

94.奇々怪々 俺は誰だ?!

奇々怪々 俺は誰だ?邦画史上に残る最高傑作のコメディ
★★★★★★★★★★


’69年、坪島孝監督作品。
誰も知らなくたって・・・私はこの作品を、絶対忘れない!!!




ストーリー・・・
その日は、鈴木太郎さん(谷啓)の、いつも通りの平凡な一日、のはずだった。
小言の多い妻(横山道代)に無気力に耳栓を塞ぎ、生返事でその場をしのいで、会社へと通常通り向かう。
だが、会社に行ってみたら、全く平凡とはかけ離れた出来事が。
 自分が“鈴木太郎”ではなく、誰か別人が“鈴木太郎”(鈴木太郎A:犬塚弘)だったのだ。


鈴木太郎の働く会社の同僚も、役員も、労働組合の組合部長も、誰一人自分を知らないのだ。
と、言う訳で、精神病院に入れられてしまう。
そこで知ったことは、自分は“太郎”ではなく精神病院に入れられた“次郎”だった・・・?!
線路に横たわって自殺を図ろうとすると、隣に見知らぬ女性がやはり自殺を図ろうとしていた。女性の自殺を押しとどめ、自分が誰だか分からぬまま、打ち解け合う二人。
だが、その後知ったことは、自分は実は次郎の振りをさせられていた、殺し屋の三郎だった。・・・?!


このストーリー。
聞いててなんだか良く分かりませんよね。
自分も言っててよく分かりません(笑)


いやいや、これが、実に素晴らしい内容なのです。
コメディとして、とても良く出来た作品。とっても奇妙でアイディアが実に斬新で、ただこれが笑えるというだけでなく、きちんとした言いたいことも持っているために、このコメディの価値が非常に高いものとなっているのです。

内容的にはよく分からない世界でありながら、ただ面白可笑しく笑えるだけではなくて、テーマとして扱っているものは、“アイデンティティの喪失”だとか、本当に自分らしく生きることであるとか、“名前”というものの実体の無さだとか。・・・
“名は体を表わす”なんて言いますが、自分らしく生きないうちに、自分を無くした人の話である、という。・・・そう言っては平凡過ぎて、当たり前過ぎるでしょうか?この映画はいやいやその逆説であって、名前がないから“個”という自分すらなくなってしまう、という??


で、それがなんとも奇妙に、次から次へと様々不可解なことが起こり、“四郎”が出て来た時に、主人公は欲をかき、自分らしからぬ“個”に変わって行ったところから、少し話が変わってくるのです。
だが、“四郎”は本来、太郎が太郎だった時から、会社の跡を継ぐ息子、として名前が挙がって来ていた、最初から存在していたのですよ。行き当たりバッタリでない、大変優れた脚本です。ここが特に自分は気にいりました。


そして、何と言っても、このなんとも不可思議な脚本でありながら、底抜けに面白い、心から笑えるストーリーにスッポリ包まれているのです。なので、深く考えなくても楽しめる。腹抱えて笑える。
随所随所に含まれる、コメディテイストが、本当に堪能出来る優れたものです!


摩訶不思議で、「訳が分からん!」と、言われてしまいそうなこのお話を、なんとも上手に演出しているところが、また、とっても気に入りました。
実に、画像処理に無駄が全然ない!
ストーリーを軽妙に進めるように、一枚の画の中に、必要不可分だけの情報量が、詰め込まれているシーンがいくつかあり、あれは本当に舌を巻きました。
コメディらしさを堪能できるカメラも、本当に最高!
そういう上手なところがまた、たっくさんあるのです。アクションシーンなんかも、大変面白く撮れています。
この監督は、本当に凄い!!!!


谷啓も本当に凄いコメディ俳優だったのですね。
東北出身(たぶん、岩手)の、純真無垢なヒロイン役(百合子)を演じた吉田日出子も、すごくかわいくていい女優さん♪

牛印乳業の、牛乳がとにかく飛び散ったり、殺し屋が牛乳アレルギーだったり、牛が出てきたり・・・この“牛乳”っていうネタだけでかなり笑えるのは、なぜでしょう♪

ネタバレは避けますが・・・ラストも、また、とにかく素晴らしい!

コメディという、笑えるだけで価値があるものに、プラス、別に芸術表現として象徴されているものがある。これはとてつもなく凄いことだと思う。
昨日の記事の『マタンゴ』もそうなのですが、映画は本当に、こうあって欲しい!と思いますし、こうあってくれると、本当に最高だ!・・・と、思います。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,473

コメント(3件)

  1. 坪島孝監督はクレイジーキャッツの映画が多く知られていますが「国際秘密警察 火薬の樽」や「 ルパン三世 念力珍作戦」等も忘れられません。
    「クレクレタコラ」の監督でもありますし。
    谷啓主演作品では「クレージーだよ奇想天外」が大傑作ですが自分ははこの「奇々怪々 俺は誰だ?! 」も好きですねェ

  2. arudenteな米さまへ
    こんばんは!コメントありがとうございます。
    『ルパン3世 念力珍作戦』は田中邦衛が次元で目黒勇樹がルパンの映画でしたっけ?
    伊東四朗の銭型が良かったで〜す♪
    でも、いろいろいい作品を撮っている監督なのですね。
    教えてくださり、ありがとうございます♪

  3. 「妄執、異形の人々」総まくり

    ここしばらく新作はごぶさたしてたんだけれども、じつはシネマヴェーラ渋谷の「妄執、異形の人々 Mondo Cinemaverique」には何度か足を運んでいましたですよ。
    ちょっと鑑賞から時間が経っちゃったのもあるんで、ここは一気にいかせてもらいます。…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑