rss twitter fb hatena gplus

*

76.異常性愛記録ハレンチ <ニュープリント>

異常性愛ハレンチいきなりこんな画像をUPするのに、もちろん、乙女の恥じらいだって、ちゃんと、ありますよ私。
だけどさ、こんな画像しか見つからなくて。
だってこの映画、こんなんの連続だったんだもん・・・




ストーリー・・・
京都は木屋町のバー「ノン」のママである典子は、異常な性癖を持つ染物会社社長、深畑との肉体関係を断ち切れずにいた。
やがて典子は妊娠し、中絶に苦悩するが、深畑は典子をよそに芸者やゲイボーイとの異常な性交渉を続ける・・・


’68年の上映以来、キワモノの最たるものとしてのレッテルを貼られ続け、再映もビデオ化も(もちろんDVD化も)されず、今に至った、まさに“幻の傑作”。


去年、’05年の8月12日にお亡くなりになった、石井輝夫監督の作品、ということで、この作品がついにお目見えなのですね。
そして、石井輝夫監督の他の作品も『徳川女系図』を初めとして、『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』など、オールナイト上映がされる、テアトル新宿や、その他石井輝夫が続々とラインナップの渋谷UPLINK X。


まさに、カルト映画。
このタイトルからしても、あまりに扇情的、あまりに、あまりに・・・

シャワー・・と、言う訳で、思わず観ずにはいられませんでした、ワタクシ(爆)


これが’68年の作品だなんて、本当に、アタマおかしいとしか思えません。
時代に先じ過ぎていたのですねー・・・。

大胆なカメラの使い方、最初の1シーンから、もうカルトまっしぐら。
こんなに鼻毛のアップを何度も大映しにした、映画は初めてかも。
目もぎょろぎょろ・・・


見終って、ぐったり疲れましたー・・・。
やられた。
脳内手術を受けたかと思った。くらくらしました。


東京ゲイボーイ主演の若杉英二も、全くの妥協ナシの自分の捨てぶりにも、喝采を送りたい。


それから、いきなりシャワーシーンから始まる主演女優の橘ますみ。
とても綺麗な人で、もう私、「ファンになっちゃった」と言っても過言ではない。
調べてみたところ、’90年代のAV女優にも同姓同名がいて・・・、おそらく、こっちのオリジナルの彼女にちなんでつけられたと思われます。
でもオリジナルの方の橘ますみは、ほとんどこれ一作しか、主演はないみたい。
うーん、残念。


あと、出演者に、“東京ゲイボーイ”ってのが出てきて、それも気になって、調べたのですが、ウィキペディアにも載ってないし、“東京”と“ゲイボーイ”で、嫌というほど検索結果が出てきました・・・予想通り。
なので、よく分からなかったのですが・・・
思うところ、これって、たぶん本物の、東京のゲイボーイ達を、使ったってことじゃー、ありませんかねぇ?(笑)・・・たぶん、そうだよね。
舞台は京都であるものの。


感想ですが・・・、私には、このオヤジのギラギラぶりが、ちょっと羨ましくもなってみたり(爆)
「自分は、淡水魚なんじゃないか」なんて考えるおヒトが、多くいられると思われ。


「疲れたかい?ちょっと、イジメすぎちゃったかな」、って・・・

「アンタの方こそ、疲れないんかー
・・・と、思わずにはいられない。すごい。すごすぎる。
昼夜見境ナシなんて。


’60年代後半の衣装もファッションも楽し。
この化粧は早速真似しよ。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,788

コメント(15件)

  1. ご無沙汰です。夏休みなんで遊びほうけてます。別のバトンきているのでよかったらお願いします。

  2. 『バトンです(・∀・)』って・・・

    それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!
     さて今回は、垂直落下式どうでもいい話〜ハンガー拳法殿のブログから、『バトンです(・∀・)』なるバトンが回ってきました。さっそく行ってみよう….

  3. ジュンさんへ
    TB&コメントありがとうございます・・・。
    あのぅ。ジュンさん、私、もちろん記事と関係なくたって、ちっとも気にはしませんが。
    でもさ、ここ、変態の聖地だよ???
    こんなとこに、さっくりTB&コメントしちゃって、大丈夫?
    常に大人気ブログのジュンさんなのに(滝汗)
    変態の仲間だと思われちゃうよ?知〜らないっと
    あ、バトンはもちろん了解ですありがとう!

  4. TBどうもです。
    同姓同名のAV女優は知りませんが,本作のますみタンは石井映画の常連ですー。
    まぁ主演といえるのはこれだけだったかもしれないですけども,インパクトのある可憐な役が多いです。
    >>これが’68年の作品だなんて、本当に、アタマおかしいとしか思えません。
    いや,この時代だからこそできた作品でしょう。
    東映エログロ路線/プログラムピクチャーって今じゃちょっとお目にかかれない底知れぬパワーがほとばしる怪作・迷作が多いですよー。

  5. こんにちは。とらねこさん♪
    いや〜映画って色んなところで色んな物を
    上映しているものなのですね(笑)
    睦月さんのブログを拝読して来ました!
    とらねこさん、睦月さんを見かけてたんですね〜♪
    ビックリ〜!!
    ところでとらねこさん、「ゲド戦記」観ました??
    私、観ようと思っていたんですけど
    あまり評判がよくないようなので迷っています。

  6. こんにちは。とらねこさん♪
    いや〜映画って色んなところで色んな物を
    上映しているものなのですね(笑)
    睦月さんのブログを拝読して来ました!
    とらねこさん、睦月さんを見かけてたんですね〜♪
    ビックリ〜!!
    ところでとらねこさん、「ゲド戦記」観ました??
    私、観ようと思っていたんですけど
    あまり評判がよくないようなので迷っています。

  7. bambiさんへ
    コメントありがとうございます。
    そうですか、橘ますみは石井映画常連なんですね。
    じゃあ、ますますもっと石井映画を見ないといけませんね。
    >アタマおかしい
    えと、本気で言ってるわけでなく、私なりの褒め言葉だったりします。本気でそう思ってそう言ってるわけではありませんよ(汗)
    確かにこの手法は、すごく時代を先じていましたね。
    今見ると、違和感なく楽しめるのに、しかしこの監督なりのテイストが効いていて、面白かったです。
    最後の、ガツーンと雷が落ちて終わるのには、力技で笑いました。。。
    黒コゲになった若杉英二の特殊メイクなんかも凝っていて、そういう美術とかもコダワって作っているんですね。
    けど、この作品をネタバレなしで語るには、中途半端にならざるを得ませんでした(汗)
    この作品は、自分で体験して欲しいですネ!!!

  8. Pamyさんへ
    こんにちは!コメントありがとうございます・・・
    っていうか・・・Pamyさんも、こんなところに来てしまって。。。あははは・・
    いや、睦月さんは、もしやそうかな?と思っただけなの。違うかもしれなくて。メガネが黒ブチで、顔が良く分からなかったので、声かけるのをためらってしまいました。
    Pamyさん、ゲド戦記迷ってるんですか。ちなみに、私は、原作と比べてあれこれ言ってしまいそうで、怖くて見れません
    ちょっと前まで、迷ってたので、一応、睦月さんのしか読んでませんが・・・今は、もう見なくていいかなー、なんて思ってるんですよね。
    アニメだったら、『時をかける少女』の方が面白そうです。とか言いつつ、ついつい洋画を先行してしまう私です

  9. また来ちゃった。とらねこさん♪
    っていうか、前のコメント2回も投稿しちゃってゴメンなさい〜。
    そっか〜。
    私も、ゲド戦記はもう観なくていいかな。
    映画館で観てがっかりしたくないっていうか…。
    映画なので色々あって当たり前だとは思うのだけど
    劇場でがっかりしたくないなあと思っちゃうんです(^^;)

  10. Pamyさんへ
    ぷぷっ、Pamyさん、また来てくれてありがとうございます(笑)
    ここのコメント欄がPamyさんだらけよ良いの?ホントに?
    あ、でも、二重投稿は、こちらこそすみません。
    なんかおとといくらいまで、コメント欄があんまし調子良くなかったみたいなんですよ。でも大分良くはなったみたい。
    うん、『ゲド戦記』・・・たぶん、みんなが期待が大きい分だけ、失望も多いというか。
    親の七光りで強烈に注目される分だけ、比べられていろいろ言われもして・・・有名な親を持つと苦労することもあり、得をすることもあり。大変だなー、と思いますよね。

  11. こんばんわ!TB&コメントありがとうございます!
    コメント欄はPamyさんだらけかもしれないけれど、ずいぶん睦月の名前も出てきているじゃないの・・(笑)
    『ゲド戦記』は参考までに観ておくのはいいけれど、楽しむために観にいくのはやめた方がいいです。
    さて。
    たぶん・・残念ながらとらねこさんが見たのは別人だったろうと・・(泣)たしかに同じ劇場にいたんですけれどね。なんかいろんな人とニアミスしまくりな睦月です・・・(泣)

  12. 異常性愛記録 ハレンチ

    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆
     はれんちっ!!ハレンチッ!!破廉恥っ!!
     

  13. 睦月さんへ
    コメントありがとうございます!
    睦月さんのいないところでいろいろとエロエロと(あ、この表現、久々使ったー★)睦月さんの話をPamyさんとしていたかもです。
    そっか・・・私の見たのは睦月さんじゃなかったか。でも、いらしたことはいらしたんですね。あんまり女の人は見ませんでしたよね。なので、もしや・・・?と思ったんですが、そうか・・。ニアミスでしたね。
    ところでこの作品。そうですね、すごくこのオヤジが気持ち悪かった。「あいしてるよ〜ん」「幸せ?」とか、そう言うのが癖になる人って確かにいますよね。

  14. 異常性愛記録 ハレンチ(1969/日本/石井輝男)

    【テアトル新宿】
    京都木屋町のバーのママ・典子(橘ますみ)は会社社長・深畑(若杉英二)との肉体関係を断てずに、ずるずると続けていた。異常性癖者の深畑は常軌を逸した行動で典子を苦しめる。やがて、典子は妊娠したが、深畑は典子の苦悩をよそに芸者やゲイボーイと…

  15. 『異常性愛記録ハレンチ』

    @テアトル新宿、石井輝男監督(1968年)。
    京都木屋町のバー「ノン」のママ・典子(橘ますみ)は、異常な性癖を持つ染物会社社長・深畑(若杉英二)との肉体関係を断てずにいた。
    やがて典子は妊娠し中絶に苦悩するが、深畑は典子の苦悩をよそに芸者やゲイボーイとの旺盛な…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑