rss twitter fb hatena gplus

*

24.プリシラ

プリシラそもそも、ドラッグクイーンのロードムービーなんて、当時は、そのアイディアにぶったまげた訳。
ドラッグクイーン自体、この映画にある様に、本当に理解されていた、とはまだ言えない時代で。




DQ、あるいはゲイ、オカマの、存在不確立感や、故郷を持たない孤独さ、なんて・・・なんだかまるで、ユダヤ人社会の持つ苦悩そのものだぞう!!


 だけど、人種・民族じゃなくて、オカマさんのアイデンティティ・・・なんて、そんなの、考えたこともなかったから、もう私には衝撃そのものだった。

この映画の持つカリスマ性は、そんなパイオニア精神にあって、一部の人は、この映画が今だに大好きだったりする☆ 「ヘドウィグ&アングリーインチ」は、その点、この映画の正統派継承者だ、と思う所存だ。


それにしても。
いやぁ〜☆ なぁんて、かわいらしいお話なんでしょ。
話の構成に従って、色調統制がされている。

物語の始めに、普通のバスだった“プリシラ号”は、田舎町の人々の偏見によって、 “ゲイf**kersは家に帰れ” なんて、手ひどい落書きを書かれてしまう。
(オカマさん達も最初は“普通”のガサツな男。だけど、ゲイとバレた途端、偏見を受けるのと似ている。)


 彼らが、ドキドキしながら行った、知らない田舎町のバーで、偏見と戦いながらも、それなりに楽しく一晩を過ごした後だったから、余計傷ついてしまう。
この田舎町の人間は、これまでの人生で、ついぞドラッグクイーンなんて、見たこともなかったわけである。


だけど、気の利いた罵倒のセリフを吐いたり、酒に強かったり・・・彼ら三人の本来の魅力によって、その場の人達は、それなりに楽しい酒を飲んだ。
だけど、見た目だけでレッテルを貼る、田舎の人達によるその言葉は、彼らに会った人が書いたのか、見ただけの人が書いたのか。・・・


そこら辺は分からないにしても、そのメッセージはキツく、彼らの心をえぐる。
「タフだなんて、自分の事を考えていたアタシだけど、やっぱり傷ついちゃうわ」


プリシラ号は、そんな事から機嫌を損ねてエンコしてしまう。
だけど、彼らをキチンと理解してくれる、“現代の本当の紳士”ボブの助力もあって、プリシラ号は、何とかまた、走り始める。


三人三様に悩み苦しむ中、プリシラ号はラベンダー色に上から塗られ、もう一度生まれ変わる。
「男が女になるのって、本当の覚悟がいるのよ」


 ゲイだオカマだ、どんなであっても、自分の人生は、自分で背負って行く。
そんな覚悟で、風景が、“砂漠”から、“岩壁”を登るクライマックスになるとき・・・。


彼らは赤・白・青の、ド派手な衣装を身にまとっている。
岩壁の上で、風をはためかせた、ロングショットは、まさに圧巻だ。


岩壁は、人々の偏見を表してもいるし、あるいは“都会のジャングル”そのものでもある。
彼らが住むべきはここ。


冷たく感じた都会の壁も、同時に彼らを守っていると言える。
岩壁に登る彼らは、それら全てを“征服”したかのようで・・・とても素敵な画で、爽やかな風を受けるかのようだ!!


ドラッグクイーンは、現代という砂漠に咲いた、カラフルな仇花なのだ!!!
自然色じゃなくて、目にクラクラ眩しい、ド派手な仇花。


原題の逐語的邦訳;「プリシラの冒険・砂漠の女王」


私が前に見た時は、カラッと明るい、若いオカマのフェリシアが好きで。
この映画からずっと、私はガイ・ピアースが好きだ。
元恋人に先立たれた、人生に疲れた、歳取ったオカマのベルナデッド(テレンス・スタンプ)の良さが、当時の青い私には分かっていなかったとしか思えん。


今見ると、ベルナデッドの、威厳と人生の悲哀をたたえて、だが、すっくと顔を上げるその様が、とても心に響いた。
彼女は本当の勇気を持っていて、どんな時も、素敵な罵倒やセリフを吐くし、喧嘩も強い。オカマ特有の前向き感が、すごくいいのだ。
「泣いてばかりいたって、マスカラが剥がれ落ちて、パンダ目になるだけだから、旅に出るわ」


 オージー英語のゲイしゃべり、本当楽しくって♪
特にベルナデッドのセリフは、無駄なものが全然ないね。


 それから、ミッチ役、ヒューゴ・ウィービングの、舞台上でのパフォーマンスは本当に様になっていて、ブラボー!
それに、化粧を落とした素の顔でも、顔の表情筋の細かな動きと、抑えたセリフ回しで、心情を的確に表現していて、私は、何度も滂沱してしまった(T-T)


 舞台衣装は、田舎町の、天井の低いバーだろうが、本当のホームタウンである都会のショーパブだろうが、見ててすんごい楽しくて、その度、爆笑してしまった。

オーストラリア映画であるので、その衣装も、ダチョウだったり、サラマンダーだったり(きゃはは☆)←←音楽に合わせて、エリマキ部分がドバッと開くんよ!!(T▽T)
病院のシーンの、その場に思いっきし、そぐわない、全身電球ルックも笑いまくれるし。ゲタを繋げただけの、変なドレス(髪型が楽しいんだまた)もゲヘゲヘ笑った!
最初っから最後まで口パクなのが本っ当オカシくて!
私的に、“I WILL SURVIVE”のダンスは覚えたので、今度カラオケでやろ〜〜っと☆゛


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,228

コメント(13件)

  1. プリシラ

                                                       【映画的カリスマ指数】★★★★★  乾いた土地に・・原色を放つドラッグ・クイーン

  2. プリシラ

    昔一度見た記憶があるのだが、改めて見て良さを実感。 シドニーでDragQueenのショーをやっている男たち。時には大うけ、時には罵声が飛ぶ。 ある日ミッチ(ヒューゴ・ウィービング)は熟年に差し掛かったベルナデッド(テレンス・スタンプ)を、ショーの出張に誘う…

  3. TB&コメント ありがとうございました!
    優しさと、潔さと、かよわい乙女心を併せ持った3人に、見ている方も励まされるような素敵な作品ですよね♪

  4. TB&コメント ありがとうございました!
    優しさと、潔さと、かよわい乙女心を併せ持った3人に、見ている方も励まされるような素敵な作品ですよね♪

  5. 哀生龍さんへ☆
    コメント&TB返しありがとうございました!
    そうですね、この映画って見ると元気になっちゃう、ラブリーな作品ですよね☆
    哀生龍さんの言うように、オープニングのヒューゴ・ウィービングには、やられましたね!ビビッと来ました☆
    最初のワンシーンで違う世界ですもん、ヒューゴさすがです。
    あ、ところで私、ガイの主演作は、「メメント」をオススメしたいです。

  6. こんばんは。
    TBありがとうございました。
    最初はただ面白おかしいお話なのかと思っていたら、
    なんて素敵、なんて可愛い、でもちょっとほろっ…なお話。
    気持ちの切り替えの台詞や、前を向く原動力が彼女たちらしくて、1回で大好きになりました♪

  7. プリシラ

    砂漠をゆく、愛しのドラッグ・クィーン

  8. 悠雅さんへ☆
    コメントまで、ありがとうございます!!
    そうなんですよね、ドタバタコメディではなく、きちんと人物像が描かれていて‥
    一人一人のエピソードも、とても丁寧でしっかりしているところが魅力なんですよね!
    オカマさんの話だけではなく、一個人、一人一人が、個性を持って、輝く人生を送る‥
    そんなメッセージがとても響きました。

  9. プリシラ

    この「プリシラ」は、「マッド・マックス」「クロコダイル・ダンディ」「ピアノレッスン(正確にはお隣のニュージーランド)」等とともに、オーストラリアの映画で大ヒットした作品のひとつで、三人のゲイが購入したバス(プリシラ号)で、リゾートホテルでの公演のために、…

  10. プリシラ

     コチラの「プリシラ」は、3人のドラァグ・クイーンがおんぼろバス”プリシラ”号に乗って、本拠地であるシドニーから興行先のリゾート地へとオーストラリアの広大な砂漠を旅するロード・ムービーです。
     そのドラァグ・クイーンに扮するのが、「マトリックス」のエージェ…

  11. 砂漠の女王たち〜『プリシラ』

     THE ADVENTURES OF PRISCILLA,
     QUEEN OF THE DESERT
     オーストラリア、シドニー。若い恋人に死なれたばかりのベルナデット(テレンス
    ・スタン??.

  12. とらねこさん、こんにちは。
    この映画、かなり前に観てやっと感想アップしました〜。TBさせて下さいね。
    「ヘド」がこの映画の正統派継承者、って言えてる〜、座布団一枚!
    「DQは、現代という砂漠に咲いたカラフルな仇花」う〜ん、上手い! 座布団もう一枚!
    あ〜、私もあの「ビーサンドレス」には大受けしたのに、書くの忘れた〜悔しい〜。。
    ホント、いい映画でしたね♪ こういう映画大好きだ〜と叫びたいです。
    私も、彼らみたいに強く逞しく生きたいな。。
    ではでは、また来ます〜。

  13. 真紅さんへ
    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    おお、真紅さん、これ見てくれたんですね・・・
    嬉しいです、嬉しいです!と〜〜〜っても!!
    これ、すっごく好きな作品なんですよー。
    昔からこれ、大好きなんです!
    『ヘドウィグ〜』がこの作品の正統派継承者、に納得していただけますか!
    こんなに温かくて素敵なDQ作品、なかなかないですよね(感涙)!
    何か辛いことがあったら、この作品を時々見返したいな・・・。
    それぐらい、自分の中では大きい作品だったりします。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑