rss twitter fb hatena gplus

*

5.花様年華

シェアブログminiに投稿
花様年華’60年代の香港を舞台に、暖かみのある、赤味がかった映像美が、詩情豊かな男女の複雑な機微に絡み合って◎


詩情豊かな、男女の機微を、静かに見つめる、視線が素敵だ。
もの哀しいが、純情でもある、オトナのラブストーリー。 




女は、完璧にいつもキレイで、オードリー・ヘップバーン風の髪型に結い上げていて・・
どのシーンも素敵な柄のワンピースを着ていて、細身の体にぴったりと合っている。


背景が渋い赤味がかった映像、であるのがこれら男女の心理描写だとしたら、それと対称的に、いつもカラフルな女のワンピースが、この女性の心理を表現していると言える。
どんな事が起こっても自分を磨く努力を続ける、この女性の華やかさは、凛としていて美しい。


香港 とらねこの旅(←お正月に香港に行ったので、ついでにUPしてみました。返還後で、2006年で、すみません。)


お互いに相手に不倫されている、当の本人同士の男と女。しかも隣同士だ。
そんな複雑でドロドロした醜悪な人間関係なのに、メロドラマではなく、オトナの清純さと言うか、情感たっぷりに描かれていて、しかも嫌味な感じのしない手腕がすごくいい。


トニー・レオンとマギー・チャンの、男と女二人は、同じ状況ではあるが、微妙に気持ちがズレている。
未来を見、次に進んで行こうとする男と、夫の帰りを待ち続ける女。


こんなシーンがある。男が、ストレートに部屋に来る様、誘いをかけると、女は、こう言うのだ。
「彼の言い方と違うわ」


 そして、一緒に食事をしている時、ふとした瞬間に漏らす女の一言。
「そんなところは、ちょっと彼に似ているわ」


 男と遊んでみようか、と言う気持ちがあるにもかかわらず、つい夫と比べて見てしまう。
あまりに夫とかけ離れた誘われ方では、ソノ気になれないのだ。


つまり、男全体に、夫の面影を探してしまう女心。
だが、男もまた、すぐに手に入らないが故に、次第に本気になっていく。


雰囲気や、情感の分かる人にオススメ。
ストーリーより、雰囲気に酔う作品。
でも、ウォン・カーウァイの中では、一番好きです(^-^)v


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,345

コメント(8件)

  1. 「花様年華」

     花様年華
    「花様年華」  ★★★
    In The Mood For Love (2000香港)
    監督:ウォン・カーウァイ
    キャスト:トニー・レオン、マギー・チャン
    公式サイト、作品紹介

  2. こんばんは、TB・コメントありがとうございます。
    コメントについては貰えれば嬉しい♪(・∀・)という程度なので全然気になさらないで下さい。
    この監督の作品は映像の美しさが印象に残りますね。
    <ストーリーより、雰囲気に酔う作品
    仰るようにストーリーを理詰めで追うような映画ではないですよね。「ヴァージン・スーサイズ」なんかも同様に雰囲気のある作品ですが、修行が足りないせいかついついマギー・チャンのチャイナドレスばかり見てしまいました(玉砕
    また宜しくどうぞ〜w

  3. linさんへ
    こんにちは!コメントありがとうございました。
    まだlinさんは大学生なのですね!若いのにしっかりしてるんだな、と読んでて関心してしまいますね。
    「本音」部分が反転するのって、すごく面白いですね。
    私も、正直、linさんの本音と同じ感想です。
    特に最後の部分がね、意味なく長いんですよね。
    それまでは結構面白いんですが・・・。
    今後もどうぞよろしくお願いします!私も遊びに行きます★

  4. この映画大好きです!
    とてつもなくプラトニックで美しい不倫ですよねぇ。
    ちなみにあたいのブログタイトルはこの映画からとりました(笑)

  5. ヨゥ。さんへ
    おー!ヨゥ。さんはこの作品から取ったのですね☆
    もしや、そうかな?って思ってました。
    ところで、ヨゥ。さんてこの作品の良さが分かるなんて・・・センスいいですね!
    自分は、自分のリアル友達が、この作品大好きだ、というので観てみたんです・・・ウォン・カーウァイは、本来苦手なんですが・・・
    不倫はちょっと・・・て思いますが、でもこの人達はどっちも、相手に浮気されてた人達だったから、寂しかったのかな、なんて。

  6. こんばんは、コメント・TBありがとうございました。
    確かに良い雰囲気の映画でしたし、マギー・チャンのぴちぴちチャイナドレス(魔法瓶を提げて屋台へ向かう後ろ姿とか)も印象的だったのですが、私の場合「色気より眠気」というべきか、何度となく睡魔に襲われてしまいました。どういう訳か最近、中国系の映画を見ると眠くなることが多いんですよ。やれやれ。
    とらねこさんがご覧になった『呉清源〜』は未見ですが、レビューを拝見した限りではたぶん撃沈するだろうな・・・という予感大であります(汗)。私は眠気覚ましのために目薬を用意したこともありますが、本当に眠いときはどんなに頑張ってもダメですね(苦笑)。

  7. 花様年華&ブエノスアイレス

    シネ・ヌーヴォにて。 昨年に引き続き、11月は「中国映画の全貌2007」という企画でさまざまなジャン…

  8. 椀さま
    こんばんは☆コメントありがとうございました。
    はい、ご挨拶がてら、遊びに行きました。あまり椀さまはこの作品、ノリ気でないことは分かってたんですが、なんていうか、お話がしたかったというか(笑)
    しかし、この作品はどうやら見事にダメだったようですね〜。
    『碁清源』は、雰囲気が良さそうかなあ、と思ったのですが、自分はどうやら、谷啓が好きなのかもしれない、とつくづく思いました。谷啓がナレーションじゃなかったら、見る気にならなかったはずですから。
    「色気より眠気」ですか〜むむ。
    なんだか、トホホですね〜(+_+)余計なお世話かもしれませんが、まだ若いのに・・・w




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑