rss twitter fb hatena gplus

*

20.サイドウェイ

サイドウェイ中年男性二人組のワイン工場めぐりの旅♪
運転中に、高坏グラスにワインをなみなみ注いで、旅の始まりを乾杯☆そして、車でのワイン工場めぐり。
日本の法律を考えたら、あまりにもありえなくて、
「お〜い、免停!一発取り消し!」(どっちかわからんけど)・・・と、叫んでしまふけど、無理ないよね(`ε´)



中年男二人組のロードムービー?と言っても、場所を転々とする訳じゃなくて、一ヵ所のモーテルに泊まってるから・・・普通の旅行かぁ。
一人は、さんざん遊んだ挙句、いよいよ年貢納めをすることになり、だけどやっぱり結婚直前に、最後の女遊びをしたい、楽観主義の中年男。
もう一人は、離婚後2年経つが、まだ心の傷の癒えない、消極的な根暗男(かなりのワイン通、小説家志望)

 とにかく、毎日、飲みまくる。ワインに関する、川島なお美っぽいウンチクは、正直言うと鼻についたけど、だんだん慣れてくる。
ワインを通じて、深まる心の絆。等身大に描かれた、人と人の絆だ。
ただ・・正直、主役の二人が、もう少し顔の知れた俳優だったら、もっと良かったかも・・・。脇役では見た事ある顔なんだけど、主役を張るにはもう少しな気がした。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,042

コメント(7件)

  1. 『サイドウェイ』を観たよ。

    「淡々」とか「地味」とかっていう言葉が、こんなにも似合う作品も珍しい。でも、……いや、「だからこそ」かな、嫌いではない、私は。
    『サイドウェイ』
    原題:”SIDEWAYS”
    参考:サイドウェイ@映画生活
    2004年・??'”
    )

  2.  とらねこさん、こんにちは♪ TBありがとうございましたm(_ _)m
     ポール・ジアマッティが主演している映画、ほかに憶えがありません(^^;) 本当、脇役ではよく見かける顔ですよね。もうひとりのメインの俳優さんについては、既に全然憶えてない感じです。

  3. 香ん乃さんへ
    (↑この絵文字、こないだ間違えてテニスが野球になってた。ごめんなさい)
    ポール・ジアマッティ、私もなんだか香ん乃さんに言われて気になってきて今調べたら、『シンデレラマン』『プラネット・オブ・ザ・エイプス』『サンダーパンツ!』に出てたとか。あと『レディ・イン・ザ・ウォーター』にも出るらしいですね、なるほど。私ももう一人の方は結構どうでもいいですねー。

  4. 「サイドウェイ」

     サイドウェイ 特別編
    「サイドウェイ」 ★★★☆
    SIDEWAYS (2004年アメリカ/ハンガリー)
    監督:アレクサンダー・ペイン
    キャスト:ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドむ

  5. サンドラ・オー -サイドウェイ-

    なかなか面白いと思う人と
    思わない人。はっきりと分かれて
    しまいそうな作品。
    ぐぅちゅえんは、主人公マイルスの
    行動に興味津々。女性への想いを
    引きずる所なんか、女々しいと感じる
    人も多いだろうけど、ぐぅちゅえんは
    似ているタイプかな。
    彼のような行動…

  6. 真・映画日記『サイドウェイ』

    10月4日(木)◆583日目◆
    なんか、いろいろ忙しくて、日記を書くのが夜の11時だったり、
    映画を見るのが深夜1時前だったり。
    一番ゆっくり休めるのは電車の中立ったりする。
    んで、この日見た『サイドウェイ』はmixiでボクがやっているコミュニティ指定の映画なん…

  7. サイドウェイ

     コチラの「サイドウェイ」は、レックス・ピケットの小説を「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督が映画化した対照的な中年男2人が織り成すロード・ムービーです。
     アカデミー賞脚色賞を受賞し、日本では昨年リメイクされたのですが、やっぱりどうせなら…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑