rss twitter fb hatena gplus

*

19.ネバーランド

neverlandジョニーデップ主演、
『ピーターパン』の生みの親、J.M.バリの生涯と、
その創作の元になった少年との絆を描いた、
温かい感動作。



1903年、ロンドン。劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、公園で美しい未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の息子たちに出会う。

繊細な心を持つ三男のピーターは、父親の死後心を閉ざしていた。
ジェームズはその姿に、自分が幼い頃に作り上げた想像の世界、ネバーランドを思い起こす。

子供たちとの親交に刺激され、ジェームズは新しい作劇に取り掛かるが、世間ではシルヴィアとの間にあらぬ噂が立ち、ジェームズの妻メアリーは孤独を感じていた。

やがて新作『ピーター・パン』を執筆し始める。・・・

 なんだか、自分の中で、勝手にイメージが悪くて、何と、今まで見ませんでした!この映画。上映当時、週に3,4本映画を見ていたのにも関わらず。

 理由1.ピーターパンの生みの親と言っても、“ネバーランド”と言うと、ついついマイケル・ジャクソンを想像してしまって、自分の事を“永遠の子供”とか言いつつ、その実、子供にイヤラシイ事をしたりするような人って気がする(すごい偏見)。

理由その2.椅子に座ってる感動モノは、フォレスト・ガンプを思い出させて、いかにも二番煎じだ。

・・・以上によって、なんとなく気が向かなかったこの作品ですが。
しっつれいしましたぁああぁ〜〜…((((((m(_ _)mふかぶか

すっごい、いい映画でした☆ 私の“大好き”が果てしなく詰まっていた!!

 夢を追い続ける、少年の心を持ち続けるJ.M.バリ。
眠りにつきたくなくて、ベッドの上をはしゃぎ回る少年達。

この少年に羽根を生やせ、夜中に、素晴らしい冒険へと旅立たせる・・・。

その瞬間に、バリは、想像力という翼でネバーランドへ飛んで行く事が、とうとう出来たのだ。

「妖精はいるんだ、と信じていれば、いつか必ず出会える」

・・・こんな、子供の頃本気で信じていた、そして大人になった今でも、本当は信じたい、素敵なアイディア達・・・。

バリの美しい言葉のあれこれは、何と心に響くんだろう!!
みんなそうだと思うけど、私も例に洩れず、ピーターパンが、改めて見たくなったよ☆☆ (ディズニーのティンカーベルが、本当に子供の頃好きだった!!)

よく、「少年の心を持つ男の人って好き」と聞いたら、世の男性は、そのよくあるセリフぶりに、ウンザリするかもしれないけど・・・。

でも、私もその例に洩れず、やっぱ好きなんですぅぅ!!そういう人が!!
「実際、単なるワガママおやぢ」じゃ、困るけどさ(笑)

ネバーランド@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,125

コメント(13件)

  1. ジョニー映画を振りかえろう② 〜ネバーランド

    誰の心にもある純真さ、それがふるえた時人は涙するのだ
    ネバーランド日本公開2005年原題:FINDING NEVERLAND 監督:マーク・フォースター
    【ジェームズ・マシュー・バリ】ジョニー・デップ【シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ】ケイト・ウィンスレット【ピーター・ル…

  2. ネバーランド

    またまたジョニーの映画です☆
    最近ジョニーの映画にハマってます、彼って映画によって全然キャラ違いますよね
    見るたびに尊敬してしまいます。
    劇作家ジェームズ・バリが、未亡人シルヴィアとの出会いをき??odperl/

  3. コメント&TBありがとうございます。
    本当に、「単なるワガママおやじ」では困りますよね。
    バリは、この「ピーターパン」に関する権利の一切を小児科専門の病院に寄付し、その病院は、今でも、そのお陰で、毎年多くの収入を得ているのだとか...。そういうお金の遣い方も素敵だと思いました。
    こちらからも、TBさせていただこうと何度か試みたのですが、上手くいきません。数日前から、ライブドアブログへのTBができなくなっているようです...。

  4. MANAMIさんへ
    こんばんは♪
    TB、アメブロと本当に相性が悪いそうで、大変残念です。
    でも、MANAMIさんのご意見て、私好きなんですよ。
    これからも、遊びに行かせていただきたいと思いますが、しばらくTBするのは、控えさせていただきますね、すみませんでした。
    そうですか、バリは、その後も「ピーターパン」の収益を放棄しているのですね。
    バリにとっては、「ピーターパン」の収益は、他にないぐらいの大きなものに違いないのに・・・。
    素敵な人ですね。それを聞いて、ますますJ.M.バリが好きになりました。

  5. 本当に、残念です。
    アメブロの大掛かりなメンテナンスがあったりで、上手くいかなくなったのでしょうか...。
    それはそれとして、これからも、こちらへお伺いしますね。私の方は、TBもコメントもいつでも歓迎ですので、TB返しはできませんが、よろしければ、これからもよろしくお願いします。

  6. MANAMIさま
    こんばんは★
    コメントありがとうございます。
    そうですね、アメブロも、しょっちゅうメンテナンスをやって、頑張っているようですよね。
    なんだか、アメブロって、使うと分かるんですが、LIVEDOORよりずっと私好きです。
    なので、なんだか文句言う気になれませんね(爆)
    私も、MANAMIさまのところ、今後も遊びに行かせていただきます★
    アメブロの方で、すぐ更新が分かるので、とっても便利ですね

  7. ネバーランド

    【FINDING NEVERLAND】2004年/イギリス/アメリカ
    監督:マーク・フォースター 
    出演:ジョニー・デップ/ケイト・ウィンスレット/ダスティン・ホフマン/フレディ・ハイモア
    やっと見ることができた【ネバーランド】

  8. とらねこさんの2005年度版アカデミー賞の中に
    この作品があったこと、とってもうれしい〜〜
    素敵な作品でしたよね。
    胸にほろっとくるあたたかさ。
    ネバーランドってマイケルがらみで
    イメージ悪くなってしまった言葉だけど
    この映画を見たらまた夢のような世界を見れますね。
    ジョニー・デップが演じたバリも私の心にズキューンでした

  9. ジュンさんへ●○
    こんばんは☆
    TB&コメント、ありがとうございます〜♪
    この作品、すっごくいい作品でしたよね!
    自分は、『チャリチョコ』は、実は原作既読だったので、あまり驚きがなくて、どうもベスト10には入りませんでしたが、こちらは大好きな作品になりました〜♪
    そうなんですよね、マイケル絡み・・・これ、本当にイメージ悪いんですよ(笑)
    困ってしまいますよね

  10. ネバーランド

    ジョニー・デップにアカデミー賞ノミネートをもたらしたのは
    史実を基にした心温まる物語でした。
    あらすじは・・・
    1903年のロンドン。新作『リトル・メアリー』の不評で気落ちしていたジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、散歩に向かった公園で若い未

  11. ネバーランド

     『ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば、必ず行ける。』
     コチラの「ネバーランド」は、あの緑色の衣裳でお馴染み永遠の少年こと「ピーター・パン」、その誕生に隠された事実に基づく感動的な物語を映画化したヒューマン・ドラマです。
     主演は、ジョニ….

  12. ネバーランド

    ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば必ず行ける。

  13. 「ネバーランド」 カップルで考えよう

    「ネバーランド」 ピーターパン誕生秘話
     
    【原題】FINDING NEVERLAND
    【公開年】2004年  【制作国】英・米  【時間】100分  ??.




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑