rss twitter fb hatena gplus

*

16.BE COOL

be cool ストーンズのキース・リチャーズが、パイレーツ3に出演と聞いて・・、(ジョニデの役作りに自分がモデルになった、なんて聞いたら誰だって気を良くするさぁ☆)
「そう言えばエアロスミスのスティーブン・タイラーも映画に出てた!」て事でどんなもんかチョイス。
知ってはいたんだけど、なんとなく食指が動かなくて、最近まで見なかったんだよね。
 




見て、それもそのはずと納得(-_-#) 最悪につまらん駄作。

・・・私結構、なんでも見るし、B級、C級、ホラーだってエロだってグロだって何でも来い・・と思ってたんだけど。割と役者がいい演技してるとか、画の切り取り方が結構好きだとか、何かと理由をつけて、楽しめる方なのだ。
だけど。ちょっとコレはだめでした。カッコ良くしようっていうのがもう、最高にカッコ悪くて、サブイボ勃って、しょ〜がなかった!!ジョン・トラボルタとユマ・サーマンのダンスシーンの見せ場・・パルプ・フィクション再び、みたいな作品なんだけど、ウ〇コで作ったスープカレーみたいな味。


部屋にいるヤバい系な人々全員が、銃を構える・・コレって、否が応でも緊張感を漂わせるシーンなハズなのに、頻繁に使われてて、どーでもいい感じ。
ザ・ロックの自らをギャグにしたキャラは、もっと面白くなっていいはずなのに・・。
トラボルタもユマ・サーマンも、自らのパロディに出て、輝きの無さを晒け出してしまった感。
エアロも大したことないライブ映像・・。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

955

コメント(5件)

  1. Be Cool / ビー・クール

    前作『ゲット・ショーティー』(95)で取立て屋から映画プロデューサーとして成功し

  2. ビー・クール

    Get Shortyの続編 う〜〜ん だめだった・・・・・
    ジョントラボルタ、ウマサーマン主演の映画 
    ザ・ロックはプロレスで活躍してる人らしい
    それとロックバンド エアロスミスのボーカルステーブンタイラーも出てる
    ちらちらと色んな俳優が出てきてるのですが・・・・

  3. BeCool/ビー・クール

    6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)
    んにゃにゃ?大した話じゃないんだけど、結構面白いかも。
    『ゲット・ショーティー』の続編なんだけど、前作って面白かったっけ?
    イマイチ印象にないし、薄まった記憶を辿ってもそこそこだった気が・・・
    いちお…

  4. TB有難う御座いました♪
    あらら〜、酷評ですね!
    ワタクシは結構楽しめました^^
    ノリノリのスティーブンに対して台詞棒読みなジョー・ペリーが可笑しかったですw
    ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪

  5. Aki.さんへ
    コメントありがとうございます!
    そうなんです・・・自分にはちょっと・・・すみません。
    音楽の使い方も、『パルプフィクション』なんかと比べちゃいますと、ちょっと地味に思えませんでした?
    ジョー・ペリーは本当に1シーンでしたね・・・
    ははは、確かに棒読みでした。
    スティーブン、演技頑張ってましたよね(笑)
    こちらこそよろしくお願いします。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑