rss twitter fb hatena gplus

*

12.TOMMY

tommy See me, feeeel me, touch me, heal me〜♪ 


 




私がこのミュージカルを見たのは、実は10年前、NYで。
見てすぐこの歌部分は覚えたけど、実は当時の私の英語力では、最後のheal meが正確に聞き取れてなくて、hear meだと思ってた。


今でこそheal=癒し、はすっかり一般的になった観念だけど、当初、このミュージカルが最初に上演された’70年代では、この癒しって言葉のみならず、トミーが陥った自閉症を伴う聴覚・視覚の障害なんかも、きっと当初は衝撃的だったはず。


心理学の用語にしろ、アメリカは心理学の先進国と言えど、ここ10年のカウンセリングやセラピーの一般的浸透は、目覚ましいものがあるよね。
ADHD,LD(=Learning Disability,有名なのはトム・クルーズの読書障害ね。日本では、カタカナが読めない障害とか、漢字がなかなか覚えられない障害などある)などの用語一つを取ってみても、昔では発見されていない考えだった訳だから。


・・て、話は反れたけど。いやぁ、こないだの“プロデューサーズ”がすご〜い良くてさ〜!
しかも、今度4/29〜からRENTが上映される!なんて聞いたらもうこれは、ヘドウィグ、ムーランルージュ(これも同じ年に公開されてたね☆)以来の、私にとってのミュージカル年!!


ちなみにおととい4/15〜、渋谷ル・シネマで“ビバ・ミュージカル”と題して、ヘドウィグ&オペラ座〜がリバイバル!!


なんて聞いた日にゃ、もう、これは、私だけじゃない!映画業界全体が、ミュージカルに沸き立ってますよ、もうすでに!時はGW直前。狙ってますねぇ(o^-‘)b


で、TOMMYは・・。うぅ〜ん、全体的に歌のみ、セリフを歌に載せてる訳じゃなく、歌!なんですよね。その上、ダンスがないし・・。

と思ってたら、ピート・タウンゼント、THE WHOご本人様登場!!で、沸き立つ私☆


 だけどやっぱ、俳優が歌ってる部分とかが、いまいちなんだよな〜。
でも、 ♪I’m a gypsy! Acid queen!! のところは、イエ〜!!(`〇´;)/! って感じになっちまいましたし。


ま、’70年代に上演された時は、きっと、カウンターカルチャー、ロックが、ブロードウェイミュージカルに殴り込み!!って感じだったんでしょうね。


で、この辺りがロッキーホラーショーに影響を与え、さらにヘドウィグへ繋がってゆくんでしょうな。


 この’70年代のTOMMY、確か’90年代にブロードウェイ・リバイバル上演されて、そっちがトニー賞を受賞してたよね(雑誌CUTで読んだ記憶が)。

私が見たミュージカルってのがそっちなんだけど、この映画と違って、全然、演出良かったですよ。


四面鏡の中に映る自分を、自閉症の自我と捉える、というのは秀逸だった。


だけど、やっぱ、ミュージカルは、行かないとダメなんですねっ。
ロッキーホラーショーとかも、映画じゃきっと、良さがいまいち伝わらないんだろね。あ〜、そんな事を考えていたら、ジョン・キャメロン・ミッチェルご本人が出てたヘドウィグなんて、見たやつ羨ましくて、首しめたくなるぐらいだぞ!(`曲´#)

トミー@映画生活

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

964

コメント(5件)

  1. どうもっ!!はじめまして♪ただ今ブログサーフィン中だよ★足跡ペッタンコ。こんなサイトで癒されてみては?(`・v・´)もにゅ。

  2. ヾ(@^▽^@)ノ桜舞い散る季節がやってきました。和服で花見なんていうのも、オシャレじゃないですか?

  3. 「Tommy トミー」

    この映画、「マリリン教」が登場する。先日マリリン・ファンのTさんが観たというのに刺激されて(最近、Tさんのニュースに影響されることが多いな)、私も、やっと観た。
    ロック・グループ「ザ・フー」のギタリスト、

  4. ううぉう!
    この映画の記事、書いてたんですね!
    私も、See Me,Feel Meのメロディは覚えましたが、他は、ちょっと…。
    ちょっと毛色の変わったミュージカルに感じました。ロック・「オペラ」ですからね。
    (奇妙というのに近い)面白いもの観たなあという感じです。

  5. ボーBJジングルズさんへ
    こんばんは〜☆
    確かにこれ、変わった作品でしたよね。
    この頃って、こんなのがやってたんですね
    でも、ザ・フーのピート・タウンゼントが全曲書いて、脚本も携わっているので、映画人が作ったものとはちょっと違うのかも、って感じですね(笑)




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑