rss twitter fb hatena gplus

*

11.イザベル・アジャーニの惑い

イザベル・アジャーニの惑い原題が“ADOLPHE”だったのでオヤ?と思ったら、やっぱりコンスタン原作“アドルフ”でした。
ゲーテ“若きウェルテルの悩み”、バルザック“谷間の百合”は読んだ事ある人いても、なかなかこのコンスタン“アドルフ”を読んだって人はいないだろうなぁ・・。フランス文学専攻の学生でもない限り。 


私は“三島由紀夫のフランス文学講座”を読んで10年前、片っ端から当時、フランス純文学を読み漁りました〜。
↑この本もついでにオススメでっす。三島ファンは読んでみよう♪


恋に本気になれない青年、アドルフが、10歳年上の伯爵の愛人にアタックし、手に入れる。
・・女が子供と伯爵を捨て、自分の元に走る、一途の愛を見せると、それまでのゲーム的恋愛観が、途端に耐えられないまでの重圧に感じる様になり・・。


自分の若き貴族としての、将来の希望すら断たれて、愛は重苦しいしがらみとして、重荷を背負うハメに陥る。
別れようとしても、宿命の様に逃れられない、もはや泥沼の束縛という愛。


さすがフランス映画、愛の表裏を描いています。


泥沼恋愛劇が、痛々しい真実を織り交ぜて、もう見ていてウンザリするほど。

こういう痛いリアリティは、ヨーロッパ映画の苦手な人には、あまりオススメ出来ません(笑)


愛の悦びの真っ只中にいる人には、とても正視できないし、愛に疲れた人には、自分の事の様に感じ、余計ヘトヘトになるでしょうね(笑)


しっかし、イザベル・アジャーニって、化け物の様に若い!
犯しがたい美しさと気高さ、それとは逆に妖艶さを兼ね備え持つ、決して年を取らない女優だよなあ。


スタニスラス・メラールの、心に空虚さを持った青年ぶりも良かった。
「目に何も映さない」表情なんて、演じようと思って演じれるものじゃないよね。


 愛の真実から目を背けない人にオススメはできる。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

1,511

コメント(4件)

  1. 「イザベル・アジャーニの惑い」

    この作品、ちょっと前にDVD発売とレンタル開始の新聞広告見かけた。
    ハリウッドものじゃないのに広告なんて珍しいな・・・と思いつつ、
    TSUTAYAで見つけてレンタルしてきました。
    フランスの有名小説「アドルフ」の映画化。
    2002年製作のフランス映画、102分も…

  2. イザベル・アジャーニさん・・・
    由美カオルと、どっちが若く見えるか???
    露天風呂で勝負っ!!!
    して欲しいのはひらりんだけでしょうか。

  3. ひらりんさんへ
    こんばんは☆
    露天風呂で勝負!?
    ひらりんさん、熟女の温泉入浴シーンが見たい、と言っているのでしょうか?・・・
    うーん。どうでしょう(爆)
    ・・・ところで、ひらりんさんて、もしかして、男の人なんだろうか?

  4. イザベル・アジャーニ Isabelle Adjani 女優特選

    Date of birth (location),27 June 1955,Paris, Franceイブラヒムおじさんとコーランの花たち Monsieur Ibrahim et les fleurs du Coran (2003)
    ボン・ヴォヤージュ Bon voyage(2003)
    イザベル・アジャーニの惑い Adolphe de Benjamin Constant (2002)
    愛のはじまり La…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑