rss twitter fb hatena gplus

*

10.世界の中心で、愛をさけぶ

せかちゅー今頃見てしまいました(>_<)


遅過ぎで、今さら何って感じなんだけど。


いや〜、意外にも良かった!!




あんまり大ヒットしてると、生来のひねくれ者が顔出して「ケッ」て言いたくなるんだよね。
でも、ストーリーも良かったし、演出も細かい小道具まで、きちんとこだわってて良かった。
朔の若い頃役の俳優も、顔も似てたし。
学生時代の純愛が主で、それ以外は額縁の外で、はっきり言ってどうでもいいです。
だけど、ニュース見てて、キャスターの後ろに映ってるりつこを目撃って、無理あるだろ。
りつこ役の柴咲が、子供の頃テープを渡してた、しかもそれを今まで忘れてた、とか、偶然重なり過ぎだと思うけどね。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

907

コメント(1件)

  1. 世界の中心で、愛を叫ぶ

     朔太郎(大沢)の婚約者の律子(柴咲)は、2人の新居の片付けをしていて、あるテープを発見します。
     そのテープを聞いた律子は、部屋に書き置きを残して出かけます。
     友人の龍之介(宮藤)のカフェに朔太郎は行くのですが、TVの台風中継に映りこむ律子を見つけます…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑