rss twitter fb hatena gplus

*

6.イン ザ ベッドルーム

イン・ザ・ベッドルームある殺人事件をきっかけに、変わってゆく人間関係の有様を、丁寧に、あますところなく描いていて、好感が持てる。


 


 




「息子の部屋」かと思いきや、「人間・失格」(野島伸二脚本のドラマ)でビックリ!


これから老年を迎えようという、お互いを思いやる、優しい夫婦が、一人息子をあえなく失った事で、お互いを責め合い、傷つけ合う様は、見ていて胸が痛くなってくる。


心優しく寛大な父親と、多少口うるさく、心配性の母親。
完璧主義のきらいはあるかもしれないが、息子をとても愛していた母親だったのだ。


息子をとても愛していた、というその共通点のため、深い心の傷を、お互いを傷つける事に向かってゆく。


それを取り戻すべく・・・。最後のシーンはショッキングではあるし、間違った答えの出し方かもしれない。だが、それは実は、アメリカの現行の司法制度に対する、深い怒りと憤りと捉えられる。


それまではヒューマン・ドラマの様相をしているが、最後は社会性を押し出してくる作品だったので、ちょっとビックリした。


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

971

コメント(6件)

  1. イン・ザ・ベッドルーム

    【IN THE BEDROOM】2001年/アメリカ
    監督:トッド・フィールド  
    出演:トム・ウィルキンソン/シシー・スペイセク/ニック・スタール/マリサ・トメイ
    大切な一人息子を殺された夫婦の犯人に対する憎しみと夫婦間での苦し??????

  2. 毎日耳にするニュースでこれに近いことってありますよね。
    過失か故意かによって判決が大きく変わる。
    息子を失った夫婦の嘆きや悲しみがよくわかるだけに
    やりきれない気持ちが残りました。

  3. ジュンさんへ●○
    コメント&TB,ありがとうございます!
    そうですね、この作品。残ったものの悲しみを考えると、やり切れない思いでいっぱいになるんですよね。
    人間の作るルールですからね、絶対ではないのですが、感情とのバランスが本当に難しいですよね。

  4. イン・ザ・ベッドルーム

     コチラの「イン・ザ・ベッド・ルーム」は、俳優トッド・フィールドが監督デビューを果たしたサスペンスフルなヒューマン・ドラマです。夏に公開される「リトル・チルドレン」を楽しみにしていたのですが、この映画を観てますます楽しみになっちゃいました♪
     医師のマ….

  5. イン・ザ・ベッドルーム

        
    = 『イン・ザ・ベッドルーム』  (2001) =
    ニューイングランド、メイン州の小さな町カムデン。
    開業医をしているマット・ファウラー(トム・ウィルキンソン)と妻ルース(シシー・スペイセク)のもとに、夏休みを利用して一人息子のフランク(ニック・…

  6. イン・ザ・ベッドルーム

    2001 アメリカ 洋画 ドラマ
    作品のイメージ:切ない、怖い
    出演:トム・ウィルキンソン、シシー・スペイセク、ニック・スタール、マリサ・トメイ
    ある夫婦の平穏な生活が、一つの事件によって一変する。一人息子を殺害された夫婦。それまでと変わらない生活空間がその事…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑