rss twitter fb hatena gplus

*

※1.「トラベリング・パンツ」

 作者:アン・ブラッシェアーズ


映画「旅するジーンズと16歳の夏」の原作。
この映画は実は、私の去年のmy best favorite No.1 movieに輝いた作品だ。
私の、映画館で働いてる友達も、これをベスト1に挙げていたし。

16歳の女の子4人の話。
映画館の中ではあちこちから、すすり泣く声が聞こえていましたよ(笑)
お客さんは大半が女だったけど、男も意外に結構いた。
私の隣は男だったけど、途中でジワッと来ていたみたいで、何故か嬉しかった(笑)
私の友達も男だったけど、やっぱ途中泣きそうになったって言ってたし☆

去年、結構ジワジワとロングランヒットしてた。
映画と原作の違いはもちろん多少あるけど、原作のいいところを映画が殺さずに、納得いく形になっていたみたいで、理想的だ。
珍しく映画の方がいい位かも。
↑これって、本当珍しいのよ!原作の話の筋の分かりずらいところのみ、改良が加えられていて、磨き上げられてはいるけれど、殺されてはいないしね。

ただ、映画ではベイリーがすごい事になっている。
12歳の女の子なんだけど、本当は32歳?いや、42歳?位のセリフを吐いている。

「あんな12歳いね〜よ!」と言いつつ、ベイリーにはもう泣かされっぱなしの、やられっぱなし(-.-;)
途中から、もうベイリーが出てくるだけで滂沱(T-T)

この映画、主演4人+1人、全員、すごくいいんだ!!
シン・シティにも出てたアレクシス・ブルーデル(レーナ役)や、この映画で注目されたブレイク・ライブリー(ブリジット役)辺りは、すぐにでも売れっ子・引っ張りだこになりそうだし。
私的には絶対ジェナ・ボイド(ベイリー役)!
カルメン役のアメリカ・フェレーラも、一番の演技派だった。
とにかく、何年か後には“スター図鑑”になれそうなので、今からこの映画をチェキるべし!!!

 

2006/04/07 |

関連記事

『職業としての小説家』 村上春樹の語られなかった講演集

村上春樹の、小説家としての自分、そして彼の人生全てについての自伝的エッ...
記事を読む

『ゴーン・ガール』(上・下)by ギリアン・フリン を読んだ

うん、なかなか濃い読書体験で満足。 ほぼ映画『ゴーン・ガール』と同じ内...
記事を読む

『封印されたアダルトビデオ』 by 井川楊枝 を読んだ

この激ヤバな内容…。これは凄い。AV業界の裏事情を書いたものとして、突...
記事を読む

『愛を語るときに我々の語ること』 by レイモンド・カーヴァー を読んだ

久しぶりに文学に触れた気がして、嬉しくなった反面、少し緊張したりもした...
記事を読む

『潜水服は蝶の夢を見る』 by ジャン・ドミニク・ボービー を読んだ

忘れられない映画なんだ。 ゼロ年代のベストにも入れた、大好きな作品(同...
記事を読む

1,256

コメント(6件)

  1. ミュージシャンについて掘り下げて考えてみました

  2. 旅するジーンズと16歳の夏(アメリカ)

    女子ものが続いてます!
    爽やかな物語であってほしい。。。と祈る思いで「旅するジーンズと16歳の夏」を観たよ。
    ( → 公式HP
     )
    出演:アンバー・タンブリン、アレクシス・ブレーデル、アメリカ・フェレーラ、ブレイク・ライヴリー
    上映時間:118分

  3. 原作よりも映画の方がいいかも。
    ってすごいですよね。
    私もベイリーには参りました。
    もね。悟りのイキに入ってましたよね。あのセリフ。
    そういえば、あるドキュメンタリーで余命数ヶ月のちびっ子も同じように達観した発言で、ビックリしたことがあります。
    続編楽しみですよね!
    私もTBさせていただきますね〜♪

  4. AnneMarieさんへ
    こんばんは★コメントありがとうございました!
    そうですね、この本、内容がすごくいいのですが、映画の方が私、好きでした!
    私の大好きなこの作品、アンマリーさんも気に入ってくれたと聞いて嬉しいです。
    あ、やっぱり、余命の短いチビっ子が、やっぱりベイリー並の達観少女だったんですね。
    うーん、すごいですね。
    最後の数ヶ月で一気に達観してしまうのだろうか。
    続編が楽しみです!

  5. 『旅するジーンズと16歳の夏』

    続編が8月初旬から公開されていたこともあって、ブログつながりのAnneMarieさん、hiropooさんがプッシュしていたので気になってた作品。やっと観たのはいいけれど、先週末で劇場公開終わってしまったみたいw。
    2本立て上映にラインナップされるのを心待ちにして待ちます。…

  6. 旅するジーンズと16歳の夏

     『ちがう場所、ちがう経験、ちがう悩み、ひとつの気持ち<ジーンズ>』
     コチラの「旅するジーンズと16歳の夏」は、2001年に出版されたアン・ブラッシェアーズの世界的大ベストセラー小説「トラベリング・パンツ」(原題は映画と同じ「THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑